さあ,いっしょにサラダをつくろう

2005/6/4

■8割方生殖器人生  ▼恋だの愛だの

 とある爽やかな夕飯時、「ちょっといい話があるんだよ」と夫。いつにも増してご機嫌モードなのでさぞかし楽しい話なのだろう。箸を味噌汁に向けながら「何々?」と興味津々で身を乗り出す私。夫は意気揚々としゃべりだす。

八つ目うなぎってものすごい精巣がでかいんだよ

・・・・精巣。得意げに夫は続ける。

今日Sさんが八つ目うなぎの解剖をしてたんだけど,もう内臓のほとんどが精巣で占められてるんだよね.あいつらは生命活動エネルギーのほとんどを精子づくりに費やしてるんだよ.もう食べて子どもつくるためだけに生きてるわけだ.

・・・・人生精子づくりですな。

八つ目うなぎのような下等生物はね,身体に対して生殖器がすごくでかいんだよ.しかも,でかいのは精巣なんかの内生殖器だけ.チ○コとかの外生殖器はすごく小さい.

・・・・ほほーうう(←ちょっと楽しくなってきた)。

対して,霊長類などの高等生物はその身体に対してチ○コがすごくでかいんだよ.下等生物ほど内生殖器がでかく,高等生物ほど外生殖器がでかい.ねっ?ねっ?おもしろいでしょ??

 うんうん、それは大変興味深い話だ。

 以上、さわやか小説バージョンでお贈りしてみた。そうなんだよ、なんでもミジンコなどの下等生物はもう身体の8割を内生殖器が占めてたりするらしいぞ。ほほーうう、体中精子なわけですな(←ちょっと違う)。・・・ん?ということは、下等生物は「生殖」のための機能が充実しているわけで、まさに「子づくり」のために生きてるみたいなもんだ。ということは、高等生物は「やる」ための機能が充実しているわけか・・・。んーなんかどっちが下等なんだかわからんのう。いや、まあ、セックスが下等行為か否かの議論はおいといて。・・・お?ということは、霊長類で最も高等(ということになっている)人間様が生物の中で最もチ○コがでかい(体重比)ということなのか。ふううーん。なんか馬とかの方がでかい気がするけどなあ。まあ馬は体重もあるからなあ。

 「そうかそうか,八つ目うなぎは純粋に子づくりのことを考えてるのに,人間はひたすら”入れたい入れたい”っていう身体のつくりになってんだね.」。お茶を飲みながら横目でつっこむ私にすかさず切り返すCHUさん。「いやいや,高等動物ほどセッ○スには生殖行為以外の意味あいがあるということだよっ.崇高な哲学的生き物だな,人間は.うんうん.」。
あはははは。さいですかい。

*お断り:CHUさんからクレームがついたので一部伏字にしました.
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ