さあ,いっしょにサラダをつくろう

2005/1/27

■TVで記号観察―島崎和歌子  ▼ちょっと思考

 私は映画が大好きだが、”TVっ子”ではない。本当に「TVがついてないと落ち着かない」という人がいるが、私は別にそんなことはない。それとはあまり関係なく、私は”芸能ネタ”に弱い。結構メジャーな芸能人を知らないことが多い。本当の話だが、伊藤美咲井上和香の区別がちょっと前までつかなかった(=顔の系統が似てると思う)。そしてMEGUMI根元はるみは同一人物だと思っていた(=そっくりだもん)。最近違うと分かった。まあ「芸能ネタに弱い」というより「芸能人の顔が同じに見える症候群」なだけな気もする。

 ということで、当然のごとく、私はあまり”芸能ネタ”に興味がない。そりゃあ「杉田かおるセレブ結婚」とかいう見出しを新聞でみつけたらすかさずチャンネルをまわしたりはするが、あくまでそういう程度。感想も「へえ〜」レベル。

 しかし、そんな私がちょっとだけ気になっている芸能人がいる。いや”いた(=過去形)”。それは島崎和歌子だ。「なんで島崎和歌子だよ・・」という感想しか皆さんお持ちになれないと思うのだが、私は彼女をTVで見るたび気になっていた。その昔、「中華なパイパイ」の後釜TV番組「中華なイパネマ」に出ていた島崎和歌子は、リアルタイムな視聴者だった私にとってかなり”馴染みのある芸能人(=顔は間違えない)”だ。さて、いったい島崎和歌子の何がそんなに気になるのかというと。
1)島崎和歌子は美人な顔立ちをしている
2)声もスタイルも普通
3)なのになぜか”売れない系”の雰囲気を持っている


そう、イパネマの影響なのか若干”ダサめ”のイメージはつきまとうものの、島崎和歌子の顔は整っていると私は思う。美人系の顔だと思う。しかしなぜか華がない。印鑑で例えるなら島崎和歌子は絶対にシャチハタの三文判の棚に置いてある。なぜだ。別に「美人なのに売れない芸能人」というのはたくさんいるだろうが、島崎和歌子には何か三文判としての決定的な要素がある気がしてならなかったのだった。

 そして、先日昼時に放送されていたグルメ番組(再放送か?)に出演していた島崎和歌子を観察し続け、そうやくこの三文判の謎が解けたのだ!ではその感動を皆さまとご一緒に分け合いたいと思う。

   島崎和歌子は,思い切り笑うと鼻の穴が大きくふくらむ

これだ!「・・・はぁ?」と思われたそこのあなた!いやいやこれ本当に。人間、それが例えTV上の”記号”と化した芸能人であってもやはり「心からの笑顔」とか「思い切り楽しそうな笑い顔」というのは見ていて清々しいものである。美人度としてはあまり高くなくとも、思い切り笑ったとき”ステキな笑顔”を見せれば、高感度も増すというものではないか。その、「顔の造作の美しさ」をもカバーしうる大切な「思い切り笑った顔」のときに、島崎和歌子の鼻の穴はガバッと楕円形上に広がるのだ。すごい目立つ。一度気付いてしまうと、島崎和歌子が「うわぁ〜美味しそう〜」と弾んだ声を上げながら嬉しそうに笑うと同時に、もう鼻の穴ばかりが気になって仕方がなくなる。

 島崎和歌子は美人だが、彼女は「笑う動画」よりも「微笑む静止画像」の方がより美しいタイプなのだ。要するにTV上で島崎和歌子が動けば動くほど、その”記号(=芸能人)としての美しさ”が損なわれていくという仕組みになっていたのだ。動画ゆえに三文判。

 昼時のだらだらグルメ番組を見ながらこの仕組みに気付いた私はとにかくこの発見(=大げさ)を誰かに言いたくて仕方なかったのだが、特に話す相手が思いつかず1人でコッソリとほくそ笑むに留まっていたのだった。ちょっと具合悪いのが回復したら絶対にBLOGに書こうと決めていたので、こうして投稿できてとてもスッキリした気分だ。とにかく、長年にわたる私の疑問はここで一応の終止符を打つのだった。よしっ。
0

2004/12/1

▼お知らせ [常設]▼  ▼ちょっと思考

投稿:12月1日【インフルエンザ予防接種を受けましょう

 今年11月25日、WHO(世界保健機構)から次のような勧告がでました。
近くインフルエンザの新たな大流行が起こる恐れがあり、最大で世界人口の3割が発病する可能性がある。このインフルエンザウイルスの型は、東南アジア、東アジアの家禽類で爆発的に流行しているH5N1型インフルエンザになる可能性が高い
 今年度実施のインフルエンザワクチン(=予防接種)は、この新型ウイルスに対応できてはいません。つまり、新型ウィルスを予防できない可能性が高い。しかし、予防手段のひとつとして
  ご家族ともにインフルエンザワクチンの
                予防接種を受けることをお勧めします

なぜなら、新型とはいえ、インフルエンザウイルスにはかわりないので、もしかしたら今回のワクチンで新型にも対応できるかもしれないからです(あくまでも”もしかしたら”です。可能性がセロではないということで、高くはありません)。
 現在、鳥インフルエンザ型のH5N1インフルエンザウイルスに感染した場合の死亡率は約8割です(H5N1に感染したと確定された患者さんのうち)。もちろん人間界で広く伝染するインフルエンザウイルスは、鳥インフルエンザとは全く同一のものではなく、この病原性が維持されるかはインフルエンザウイルスの専門家でも分かりません。しかし歴史を振り返ると(1900年代初頭のスペイン風邪)免疫力の弱い高齢者や乳幼児だけでなく、健康な成人であっても、死亡する可能性を全く否定することはできません。
 インフルエンザワクチンは、風疹や麻疹と違って一度うけたら大丈夫というものではありません。ワクチンとしての効果は大体半年から1年で消失します(人によりますが)。また、その年に製造するワクチンは、実施の一年ほど前から対応するウィルスの型にあわせて製造が始まるので製造量には限りがあります。つまり、「品切れ」を起こす可能性のある製品です。小児科などでは実際に品切れを起こす病院も出てきました。予防接種には予約が必要です。予約だけでもお早めにされることをお勧めします。
当然、sadkoは家族そろってワクチンを受けました。

予防接種でアレルギーを起こした経験のある方、卵アレルギーの方、妊娠中の方は、予防接種に際し医師への相談が必要です。


参考URL: http://www.asahi.com/national/update/1125/034.html
記事を投稿するにあたり、ウイルス学のMedical-Dr.であるCHUさんに指導をいただきました.ありがとうございました. 
0

2004/11/18

■六面体アワー 〔実施要綱〕  ▼ちょっと思考

やってまいりました六面体アワー!パフパフ♪

司会はサトコでお贈りします。さて初回のこの時間、まず六面体アワーのご説明からまいります。リスナーの皆様は「100の質問」シリーズをご存知でしょうか。「ねえさんたちに100の質問」などが有名です。これは、特定の対象者に向けた簡潔な文章による質問集です。その名の通り質問数は100個。全てに解答した暁には、その解答欄そのものが回答者の自己紹介文になるという特典が得られます。さて、この時点で全リスナーの99%が「100の質問ぜひやってみたい」という衝動にかられるはずです。誰が何と言おうと、事実がどうであろうと、そのはずです。では、なぜに人間は「100の質問」の魅力に取り付かれるのかを考えてみましょう。短絡的に分析すると概ね以下のようになります。

A)本来,人間とは自己表現をしたがる生き物である
   ↓   
B)従って,人間とは他者に自分の情報を言いたがる生き物である   
   ↓
C)しかし,人間とは自分の情報を他者に垂れ流すことを嫌がる生き物で
  ある
   ↓
D)この結果,人間は他者に自分の情報を伝えるに値する正当な理由を
  得たがる
   ↓
E)この自己表現の”正当な理由”が具現化したものが「100の質問」で
  ある


ここで最も大切なことは、「A〜Eの間に論理的整合性は存在しない」などという正論をぶちかまさないことです。くれぐれもご注意を。

 要するに、「何の理由も無しに他人に自分の事をベラベラしゃべるのはカッコウ悪い.でもしゃべりたい.自分をわかってほしい」という人間の愚かしくも美しい性が、「100の質問」ブームを生み出したわけです。「聞かれたから答えてるだけだもんね」「既に100個の質問が用意されてるんだから不可抗力なんだもんね」という”正当性”が、「そんなに自分を知って欲しいのかよ.可哀想な奴」という攻撃から回答者を守る。この無敵な目くらまし構造が人間を虜にするのです。・・・・・あ、そこのあなたっ、正論でツッコんじゃだめっ!アラを探しちゃだめっ!

 でね、ちょっと素に戻るけど、私もすっごいやりたいの。100の質問。すっげー楽しそうじゃん。誰にも怪しまれずにカッコよく自分のことをベラベラ公開できるんだよ。最高だぜ。や、これはマジな気持ち。あたしって本当にこういう「私ってこんな人なんだよー」メッセージ大好きだもん。だってあたしのBLOG記事見てたらわかるよね。「あーこいつ自分のこと知ってほしいんだなー」っていうことが。そうそう、ほら、だって人間の性だから。ね。自己表現=存在の証明。

 しかーし、私はパソコン音痴なので100の質問フォームをBLOGに貼り付けられないの。普通に技術的に不可能なの。なので、くやしいから自分で作ったの。自己表現の”正当性”を。それが六面体アワーなの。要するに小堺一機「ごきげんよう」のサイコロころがしよ。6個の面それぞれに質問を書いておき、サイコロころがして上に出た面の質問に答えようという、それだけのこと。ね?いいアイディアでしょ?「だってサイコロ転がしたらこの面が出たんだもん.不可抗力だもん」って言えるでしょ?我ながらナイス発想。

 えへ、実はもう質問も6個用意してて、サイコロも作ってあるの。手作り。平日の夜中に立方体の展開図つくってマジックで何やら書き込む27歳女性。・・・んーん、18禁ゲームばりの怪しさだ。ちなみに弁解しとくけど、私は別に18禁ゲーム嫌いじゃない。昔つきあっていた人がものすごい18禁美少女ゲームオタクだった。エロ本もAVももってないのにエロゲーの攻略本が押入れギッシリつまってるの。だから慣れた。私も2種類くらいクリアしたことある。「おいっクリアするなよっ,ってかやるなよっ」って?はっはっはー。

 今日は実施要綱だけだな。六面体の実施は明日以降です。
クリックすると元のサイズで表示します
☆展開図の段階
クリックすると元のサイズで表示します
☆完成

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ