さあ,いっしょにサラダをつくろう

2005/5/23

■ミニーの耳をつけよう  ▼娯楽に旅行に

 ただいま。整体からカムバックしてきました。ああ〜スッキリした。さすがA部先生っ。

 ところでディズニーランド話なんだが、「記事にするっつってももう時間も経ってるしな〜」と実はちょっとめんどうくさくなってきいた(←ズボラ)。しかーし、私のかわゆい後輩(になるのか?)yokoちゃんがコメント欄で「ネズミーランドのこと全く触れてませんね」などとのたまうので、しょうがないから写真をUPすることにした(←やる気なしおだな,おい)。

クリックすると元のサイズで表示します
☆ミニーちゃんの耳

 これ。うちが頭にくっつけたやつ。入場して一番先にこれを購入した。もちろん2つ。Kの頭にもくっつけた。ふふふふ。娘と一緒に耳つけてれば、「あー娘につきあってつけてあげてるんだーお母さん.ほほえましいなー」ということになるもんねー。子どもがいると何でもできるなあ。はっはっは。・・・って、Kはほとんどはずしてたけど。うちは午後12時の入場から夜8時半のパレードまでずーっとつけっぱなしだった。ということで、実際は1人で耳つけてた状態なのだった。でもディズニーランドだもんね。耳つけて”当たり前”の空間だもんね。うんうん。

 実は私は2年ほど前にディズニーシーに行ったことがある。友人の爽やか貴公子あおさんが無料券をくれたのだっ(天使だっ)。で、そのときもミニー耳を一番先に買いに行った。しかーし、シーにはミニー耳が売ってないのだよ、君っ!。何でもミニー耳は東京ディズニーランドにしか売ってないものなのだとかっ。おお、そんなこだわりが。ということで、シーでは仕方なくミッキーの耳をつけて歩いた。それがこれ↓

クリックすると元のサイズで表示します
☆ミッキーの耳

 で、今回、ようやく念願のミニー耳でディズニーランドを練り歩けたわけなのだ。えへー。いいでしょ。今回はCHUさんの妹ナーちゃんも一緒だった。なんとナーちゃんは千葉に住んでおり、ディズニーランドには何度も行ってるらしい。うらやましい。25歳のナーちゃんにも「一緒に耳をつけよう!!」と誘ってみたが、「いや・・恥ずかしい」とあっさり却下された。むむむむう。クールだな。じゃCHUさん。「一緒に耳つけようよ,ミッキーとかプーさんとかあったよ」って爽やかに誘ってみる。一応、ちょっと店で耳を試着するCHUさん。・・・・・ぷっ。一瞬の私の笑いを見逃さず即座に耳を却下するCHUさん。うーん、チップ&デールの耳がよくなかったな。似合いすぎた。

 アトラクション(=乗り物)にもいくつか乗った。まあKが乗れるものということで、ティーカップやメリーゴーランドなどの小物に乗ったり、ボートで人形の国を回ったり、船でジャングルを巡ったり、大きい観覧船に乗ったり、というのんびりコースであった。それにしてもよく歩いたなー。結局ランド内はなんとなく全体を見ることができた。いやー、なんていうか”徹底”してるなー。どこもかしこもキレイにしてあるしなー。途中でにわか雨が降ったのだが、雨が上がった瞬間にスタッフがベンチというベンチをくまなく拭いていた。おかげですぐにベンチに座れる。あと、空調がよかった。屋内のアトラクションだと、暑すぎたりカビ臭かったりして空気が淀んでいることがあるのだが、ディズニーランドは混んでるわりに空気の淀みが気にならない。そういうとこの徹底ぶりがすごい。”利用者の快適”が何かを把握し実施してくれている、という安心感が、客にミニーの耳を心おきなくつけさせているわけだ。なるほど(←全てがミニー耳につながる)。

 余談だが、アメリカのディズニーランドで働いていた知人に聞いたエピソードをひとつ。彼女は職場の同僚とドライブをしていてハイウェイをぶっとばし、スピード違反でPOLICEにつかまったことがある。職業をきかれたので、すかさず彼女達は満面のスマイルをぶちかましながら「ディズニィーラァーンドッ」と答えた。するとPOLICEのおっちゃんは「オウッなーるほど,そうかいそうかい.じゃーいいや,あばよ」とあっさり見逃してくれたのだとかっ。すげー、ディズニーパワー。彼女いわく、「アメリカでもディズニーっていうのは好印象だから,職員だということでいろいろと便利だった」とのこと。なーるほどねい。これぞディズニーマジック。やっぱりそんなディズニーリゾートに不透明な黒い疑惑が持ち上がったりすると寂しいですなー。

はー、また行きたいなー、ディズニーランド。
0

2005/5/16

■帰ってまいりました皆様のサトコ  ▼娯楽に旅行に

 おまた、おまた、おまたへっ!全国100万人読者のみなさまっ。みなさまのsadko、みなさまのサトコがリニューアルオープン!!いや、べつに何も開店してないけど。先週から1週間ほど群馬に行ってきましたよー。え?なぜにそんなヘンピな県へ行ったのか、と?(あ,群馬県民の皆さま怒っちゃイヤ)。いやー、群馬はCHUさんの実家がありましてねー。んで今帰ってきたんだよー。ひさびさのネット環境だよー。あーつかれたー。足が棒のようだよー。え?なんでかって?そりゃ、ね、ふふふふ・・・・

   東京ディズニーランド
   に行ってきたからだよー!!


ん?「ディズニーランドごときでなんで大文字でいばるのだ」ですと?こりゃっ、このふとどきものー!!ディズニーランドといえば道民の憧れではないかっ。そう、私は生まれて初めてディズニーランドに行ったのよー!!もう、むちゃ楽しかったよ。最高だよ。ディズニー。腹でかいままアトラクションの列に並んで「妊婦の方には遠慮いただいております」とか言われてきたよ(オニッ)。もう最高潮の浮かれようだったよ。もちろんミニーちゃんの耳はつけて歩いたよ。当たり前だよ。

ということで、今日は疲れたのでもう「Xファイル」見て寝ます。またディズニー報告は改めてするよ。うじゃ、おやすみー。

クリックすると元のサイズで表示します
☆キャー!!こっちむいてミッキー!!
0

2005/3/31

■温泉戦線  ▼娯楽に旅行に

 先週、旭川の層雲峡温泉と、美瑛にある白金温泉に2泊旅行をしてきた。層雲峡温泉の方は源泉掛け流しで、泉質が本当に良かった。旭川はマイナス4度で吹雪という真冬天気だったが、温泉のおかげで夜通し身体ポカポカであった。それにひきかえ白金温泉のほうはどうもお湯がいまいちだった。宿泊するホテルにもよるのだろうが、私の泊まったホテルは塩素濃度が高かったんじゃあないだろうかと思ったりしている。もちろん塩素濃度検査したわけじゃないから確かなことはいえないが。お湯につかった瞬間、肌にピリピリとした刺激を感じた。そして脇の下や首など皮膚の柔らかい部分が赤くかゆみをおびてしまった。「刺激を感じる種類の泉質だ」といわれればそれまでだが、あの刺激は塩素の刺激ではないのか。

 2年程前、TVで温泉に塩素の投入を義務づける条例に関する特番をやっていた。1年中どこかの温泉につかりまくっている北海道の私大教授(温泉学会の会員らしい)が熱く温泉の魅力を語っていた。その番組で得たうろ覚え知識だが、温泉は「循環」と「源泉掛け流し」の2種類に大別されるらしい。「循環」はお湯を循環させる方式で、「掛け流し」は循環なしで湧き出る泉水をそのまま流しっぱなしにする方式。で、従来は「循環」は塩素消毒を行い、「掛け流し」は塩素投入無しというのが一般的だったらしい。ところが、平成14年に宮城県の循環式温泉でラジオネラ菌の集団感染が発生する事件が起こり、死者がでた。温泉側が、循環式であるにもかかわらず塩素消毒を怠っていたことが原因であった。この事件をうけ、平成15年に厚生労働省が「レジオネラ症を予防するために必要な措置に関する技術上の指針」を公示する。この告示をうけ、都道府県条例である「公衆浴場の設置場所の配置及び衛生措置等の基準に関する条例」が次々と改正された。この条例改正により、循環か掛け流しかに関係なく、一律に「公衆浴場」への塩素消毒を義務付ける都道府県が増えてきたらしい

 TVでは、温泉好きの教授(えらい人らしいけど)が「循環か掛け流しかに関係なく,とにかく温泉に塩素を入れろなんて乱暴すぎるっ」といった趣旨の熱弁をふるっていた。しかも温泉につかりながら。心も身体もポッカポカである。ということで、とにかくこのTV番組を見てわかったことは、「全ての温泉には塩素がはいっている」ということである。なんか白けてしまう。しかも、条例では「塩素消毒しろ」ということは規定されているが、ほとんどの都道府県では「塩素濃度は何%にしろ」とか「塩素消毒している旨を利用者に告知しろ」といった規定はない。TV番組では、塩素消毒の様子も放送されたが、何やら大袋から適当に塩素を手づかみして浴槽にばらまいていたぞ。おいおい、ちゃんと濃度測れよっ。知らない間に、知らないだけ塩素を入れられているとはっ。なんか日本に住んでいることの幸福の数%を略奪された気分ではないかっ。うむむむむむ。

 というわけで、今度は塩素濃度を測定できるキットか何か持参してみようと思う。あるのか、そういうキット?わからん。でも、「知らない間に脇の下がかぶれてた〜塩素?塩素なの?」なんてなんかイヤだぜ。

ちなみに温泉話に興味のある方,下のHPが本格的.「お風呂の科学」とか.私も参考にさせていただきました.↓
HOT SPRINGS わがまま温泉日記

クリックすると元のサイズで表示します
☆旭山動物園に行って来た.寒かった.やはり白熊館が一番楽しい.

クリックすると元のサイズで表示します
☆ペンギンの散歩がやっていた.目の前をペンギンがポテポテ歩く.ぬおーかわいい.でもなんかお腹の大きさといい歩き方といいい,ちょっと自分に似てる・・.ペンギンと妊婦って似てるんだな.
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ