2006/11/14

強かったプリンセス  

エリザベス女王杯回顧です(゜_゜)

タイム 2.11.4 49.3-36.5

ラップ 12.5-10.6-11.7-11.3-11.3-12.2-12.5-12.8-13.0-11.5-12.0

シェルズレイの逃げは、1000m通過57.4のHペース
シェルズレイは結構穴人気になってたが、さすがにこのペースで逃げ切るのは無理w
今年のオークス、秋華賞に続いて、牝馬限定戦にしてはまたまた厳しい流れのレース
こういう流れになれば、同じ馬が同じような着順で走る。

結局オークス上位3頭(カワカミ、パンドラ、アサヒ)が、1位入線、1着、4着と堅実に走って、アドマイヤキッスは3戦ともチョイと足らず(秋華賞4着。今回5着)

で、1位入線のカワカミプリンセス降着の件ですが…

 

直線入口で斜行したわけですが、進路をカットされたヤマニンシュクルは、あのまま普通に走れば、多分馬券の対象になったハズ。ぐらいの脚がありました。

ジャッジに統一性がないと言われていますが、馬券の対象に入った加害馬に対してのジャッジは、被害馬の手応え等を判断している(と思う)ので、統一性がないと言われても仕方ないじゃないかな?

まぁ今回の件は、アウトが妥当でしょう
それぐらい酷い斜行をしてますからねw

予想は、◎が2着で連対!

馬連△◎
3複△◎○で的中!!

ですが、投票は◎1着付け馬単でしたorz

流石俺www

 
カワカミプリンセス
厳しい流れなら、かなり強いですね。GIなら、蹴るのは危険
まだスローの上がり勝負では未知ですが、GIはそういうレースにはなりにくいし
ただ、有馬記念で足りるのかは?
 
フサイチパンドラ
白井厩舎にはかなり珍しい、タテガミの飾り付け。
朝の時点で、京都はやや重だったので、
『よっしゃ!やや重や!今日はイケるでぇ〜♪』
って思ったんでしょうか?
ダンスパートナー、スペシャルウィーク、メイショウボーラーでも見たことないのに…
結果的に良馬場でしたが、やや重ならかなり走る馬です
オークスからのレース振りから、厳しい流れ○
トライアルらしいスローは×

 
スイープトウショウ
カワカミプリンセスには完敗
去年の実績から、この結果は物足りないw
ピーク過ぎたか?

 
ディアデラノビア
詰めは甘いですが、相手なりの馬w
流石に混合のGIだと足りない感じですが、それ以外なら常に注意しておきたい存在

 
アサヒライジング
マイナー種牡馬ロイヤルタッチ産駒ながらしぶとい馬ですね〜
先行力もあるし、こちらはスローな流れも対応出来そうな感じ

 
アドマイヤキッス
仕上がり早で、トライアル向き
叩いて良くなるタイプではないようで、GIだと足りない

 
ヤマニンシュクル
今回は狙いどころでしたし、直線入口まではかなりの手応えだったんですが…
進路をカットされブレーキw
非常に残念です
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ