2007/4/2

ダービー卿、大阪杯回顧  

ダービー卿

ハンデGVらしい混戦メンバー

前半4F46.2
後半4F46.9

ラスト1F12.1ですから、平均ペースといったところか?

直線ではほぼ先行馬が壊滅して、差し追い込みの展開に

時計的には水準レベル位か?
GIでどうこう言える馬は、いないと思います

 
ピカレスクコート

ヤマカツスズランの全弟がようやく素質開花
前走から控えて溜めるレースが出来るようになって、センスありますね
しかし、狙いどころが全く判らない^^;
次走も人気がなかったら買っておくか?

コイウタ

内枠の軽ハンデで突然の変身
4走前のオーロCも同じ条件でしたし、内枠は要注意でしょうか?

マイネルハーティー

休み明けから着順は悪いですが、全て1秒差以内で走ってはいますが…
前走もHペースで届いてないし、なかなか手が出ないですね。

デアリングハート

直線は、休み明けが影響した感じの止まり方
叩いてからでしたね

ダンスインザモア

復調した感じはありましたが、前走から出遅れ癖がついちゃいましたね
差しの展開になりましたが…あれは痛い出遅れw
この後は中山じゃないですし、次からは狙い辛い

インセンティブガイ

2番利かないですね

ロジック

もう(゜凵K)イラネ

 

大阪杯

こちらは完全にスロー
直線で早目に前に付けた馬のワンツー
メイショウサムソンが、力でねじ伏せた感じもありますが、相手はかなり疑問
良発表も、時計の掛かる馬場のせいか?特に強調できるタイム&ラップがないですねぇ

 
メイショウサムソン
パドックは観てませんが、プラマイ0も余裕がある感じの馬体
59キロを背負っても、このメンバーでは、地力の違いがあったようです
阪神2000で上がり34.4ですから、なかなか優秀ですが…どうもインパクトを欠くレース
大阪杯勝馬は、天皇賞で結果を出せないですが…

シャドウゲイト

楽に行けて単騎ハナ
ちょっと時計の掛かる馬場も向いてる
今回は恵まれた感じの2着で、次走も人気になりそうですが、決して信頼出来る馬じゃないですね
金杯のような馬場になれば別ですが…

メイショウオウテ

小回りの2000で決め手を活かす競馬が合うのか?
最後方から最速上がりで3着
人気薄&四位さんが合ってる感じですね
人気になると頼りない穴馬。といった感じか?

タガノデンジャラス

内々で巧くなだれ込み4着
復調してきているが、重賞を勝つにはワンパンチ足りない感じ

ホッコーソレソレー

好調維持も、こちらも重賞勝ちは遠そう

シルクネクサス

前走で本格化か?!と思い注目するも6着
ベストは乾いた良馬場のようです
坂のあるコースも分が悪いか?

アサカディフィート

ちょっと注目された途端に凡走
オッズ次第の穴馬でしょう
鞍上もそんな感じだし

コスモバルク

基本的に切ってれば、ほぼ間違いなしw
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ