2007/10/29

重賞回顧  

天皇賞はややスローな流れ

インの好位に位置取ったメイショウサムソンが圧勝

ただ2着以下は不利があって、どこまで信用していいものか?

それでも、1.58.4は結構速い時計だし、メイショウサムソン自体の内容は濃いものだとは思います

あと2戦は、間違いなく好勝負するでしょう
もしかしたら、2つとも勝つかも?

昨秋は、馬が動かなかったんですけど…今秋は全く問題なさそう

 
2着アグネスアークは、直線で不利がありながらも、しっかり伸びて2着
いやぁびっくりしました
馬体は維持してたし、状態はよさそうでしたけど…
ここまでやるとは…
力付けてるんですね^^;
この後はマイルCSですか…
有力ですね

春の凡走時は評価してたのになぁ…

 
カンパニーも内目中団から、直線不利
ブレーキが少しかかりながら、ここまで来るのは…力が付いたんでしょうね
それでも終いは止まってたので、2000は少し長いかと
この馬も次走マイルCSなら有力

 
ポップロックは枠も厳しかったですが、やっぱ2000は短そう
次走はちょっとは盛り返しそうだけど…頭まで来るとは思えない

 
アドマイヤムーンも直線不利受けたけど…
どうも東京は良くなさそう
脚が持続しない感じ
2400も2500も違う感じだし、このままいいとこなく引退かな
しかし、ダーレーの勝負服はイマイチ

 
ダイワメジャーは前のブログの通り
次走マイルCSでも疑問
ただ、俺が軽視した途端に涼しい顔で巻き返しそうだけど…

 

武蔵野S

泥んこ馬場で前残りレースでした

 
勝ったエイシンロンバードは、単騎ハナで展開利が大きくありました
 

ワイルドワンダーは、敗けはしたけどさすがの競馬でした
力は維持してますが、2100はどうなのか?

 
トーセンブライトは、インを突ける差し馬みたいで…
ブライアンズタイム産駒らしくなく、器用な競馬して、フレッシュな内がいいタイプ。
その分、爆発力もなく届いてGVか?

 
フィールドルージュは、最後方から目立つ脚で4着まで追込みましたね
今年もJCダートの3着候補

 
ロングプライドは敗けすぎ
しばらく静観ですね

 

スワンS

テン3F33.7
1400で上がり3F35.5も掛ってるから、Hペースだったんでしょう

 
先行馬は総崩れで、追込馬が1着

勝ったスーパーホーネットは、テンの追走は苦労してた感じでしたが、直線で末脚爆発
朝日杯以降は
重賞×OP特別○
でしたが、ここに来て本格化?
本番どうなんだろう?


フサイチリシャールが突然の復活
好走の要因はよくわからんですが…
どっかの掲示板に、福永騎乗時だけ狙えばいいと…
なるほど
ただ今回は、Hペースを勝ちに行って、なかなか強い内容


ドラゴンウェルズは力付けて、久々の重賞挑戦
どこまでやれるか?期待しましたが…
微妙な3着
やや底割れした感じですが、GVくらいなら勝てるでしょう

 
スイープトウショウは短い1400ながら追走はなかなか楽
勝ちに行って終い甘くなった
休み明けらしい内容
最近は、HペースよりSペースの方が力発揮できる
エリ女がスローなら
ダイワとセットで来る馬か?

 
キングストレイルは、やはり中山マイルがベスト
他の競馬場では割引必要

 
アストンマーチャンは、Hペースで飛ばして失速
スプリンターは逃げて結果出したが…
好位で溜める競馬の方がいいと思う
ただ、気性的にそれは難しいんだろうなぁ
大体、重賞で中舘の2番なんてなかなか利かないでしょう
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ