2008/3/20

2008/03/15〜16 重賞回顧  

まずは土曜のファルコンSから

 タイム 1.09.0
ラップ 12.1 - 10.6 - 11.1 - 11.7 - 11.5 - 12.0
上り 4F 46.3 - 3F 35.2


見た感じ低レベルメンバーで、時計的にもそんなに際立った感じではないが・・・
テン3F33.8で速いペースではないが、追込決まったから、勝ったダノンゴーゴーは1枚上の能力ありそう。

とりあえず、上位3頭の1200の適性は高そうですね


勝ったダノンゴーゴーは、じっくり溜めて直線勝負
直線は切れに切れて、あっという間に差し切り。
1200でじっくり溜めると、高いパフォーマンスを発揮しますね。
全3勝は1200。マイルでも悪くは無いが、1200程は切れない。
現状1200向きのスプリンターでしょう。

2着マルブツイースターは、休み明けから馬が変わった感じですね。
前走はみてないですが、上がり3F34.0で東京1400を勝つなんて、休み前じゃ想像できない姿でしょう。
今回も堅実な走りはしてるし、相手が悪かったかな?
1600は未経験で未知な部分があり。

3着ルルパンブルーは、得意の1200で変わりました。
現状は1200で買ってればいいスプリンターですね

あとは・・・
5着マヤノベンケイは、追走は苦労してる感じではなかったが、1200ではスピード不足の感じあり
7着シルクビッグタイムは、速い時計の芝では苦しそうですね。ダ替わりで期待しましょう。



中山牝馬S

 タイム 1.48.4
ラップ 12.2 - 11.6 - 12.4 - 12.3 - 12.3 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 12.5
上り 4F 47.6 - 3F 35.8

牝馬限定の微妙なメンバー構成。
暴走するシェルズレイが控えて、ペースは落ち着いた。
2番手に付けたヤマニンメベイユが、直線早目に抜け出し押し切ったレース。
久々に柴山の好騎乗を見た!といったレースでした。

ペース落ち着いた分、タイムは平凡な感じ。
残り4Fからスパートしてるので、終いのラップは12.5
ヤマニンメルベイユを追いかけた先行馬達がもがくなか、マイネカンナ1頭だけが桁違いの脚で2着まで。
強い先行馬がいるときの典型的なレースに。

勝ったヤマニンメルベイユは、好発から2番手につけ教科書どおりの競馬。
切れる脚がない分ヤネの柴山が、この馬の力を巧く引き出した。
中山はこれで(3121)で、この舞台がいかにもベスト。今回は展開も向きました。
東京のVマイルは違うでしょう。

2着マイネカンナは、切れ勝負の展開でずっといい競馬してましたので・・・今の中山の馬場では違うかなぁと思ってノーマークでした(ーー;)
今回はヤマニンメルベイユが、他の先行馬を蹴散らした分の展開利ありましたが・・・
それにしても、脚が違いましたね。
次走は一気に人気上がりそうだが・・・追込脚質の馬なんで、過信禁物だと思います。

3着キストゥヘヴンは、内目中団追走から直線外に持ち出してジリジリ。
ここは重賞勝ちもある絶好の舞台でしたが・・・
トップハンデがあったにせよ、もう上積み望むのは酷か?

4着ニシノマナムスメは、適性的にここではお客さんと思ってましたが、好位追走から早目勝負して結構粘ってましたね。
0.3秒差の4着なら次走は狙えそうですね。溜めて切れを活かす競馬が○

10着イクスキューズは、休み明けで気負った感じの走りで逃げ。
勝ったヤマニンメルベイユに早めに捕まって厳しい展開でした。
内枠のイン追走が合う馬だし、今回は条件的にも厳しかった。

15着のレインダンスは、3番手追走でいい感じだったんですが、4角過ぎで圏外になってしまいました。
調子がまだ戻ってないようですね。
1回叩いただけで変わるか?



フィリーズレビュー

 タイム 1.22.5
ラップ 12.1 - 11.0 - 11.7 - 11.9 - 11.6 - 11.8 - 12.4
上り 4F 47.7 - 3F 35.8

低レベルメンバーを象徴するように、Hペースでもでは無いが先行馬総崩れで差し決着
タイムもあまり強調するとこなく、ここで好走の馬は本番厳しそう。

勝ったマイネレーツェルは後方で直線勝負。巧く嵌った感じ
ただ、小回りの短距離戦では堅実でしたし、この単勝オッズは付け過ぎかな?
ディープキッスより人気薄ってことはないでしょう。
小柄な馬で今回体重減でしたし、本番は鬼門の外回り。普通に考えれば本番への上積みはなし。

2着ベストオブミーも、巧く嵌った感じ。
イン後方から巧く馬群捌いて伸びてきた。
前走も内枠で勝ってるんですね。ダながら、エイシンパンサーに圧勝してますし、アンカツでこの人気は狙い目だったか〜
この馬も距離伸びて食指動くことはない。

3着レジネッタは、スロー向きの先行馬かと思ったけど、阪神1400らしいラップでよく来たね〜
そういう馬じゃないのか?ようわからんくなってきた。
この馬も小柄で、1戦毎に反動が出るようですね。
どうせ人気無いだろうから、本番で状態キープ出来て、スローの先行できれば・・・

10着エイムアットビップは、道中掛かり気味で、追走で終った感じ。
今回は力出してないし、ノーカウントで良いでしょう。
これで、一気に人気落ちしそう。(^.^)
阪神JFのように、巧く折り合って走れれば侮れない。と思うが・・・

14着エーソングフォーはどうしたのか?
好位〜中団追走で、直線では早々に圏外だったし・・・
なにかあったか?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ