2008/6/25

2008 マーメイドS回顧  

マーメイドS


 タイム 2.03.5
ラップ 12.7 - 11.2 - 12.4 - 12.5 - 12.3 - 12.7 - 12.4 - 12.3 - 12.2 - 12.8
上り 4F 49.7 - 3F 37.3


馬場適性の差が出たレースに


メンバー構成を見ると・・・
ベッラレイアに勝ってください
と、言わんばかりのレースでしたが、雨で大波乱に。

1〜3着馬は、水が浮くような馬場でも大丈夫そうな馬。
4着以下に敗れた実績馬は、こんな馬場では力を発揮できなさそう。


勝ったトーホウシャインは、前走1000万9着からの重賞制覇
しかも1000万では、頭打ちの状態ですからね〜^^;
開幕週でラチ沿い追走。軽ハンデ。重巧者。
今回は、走る条件がすべて揃った。という感じがします。
これで一気にOP馬ですが・・・普通に考えれば、厳しいですよね。


2着ピースオブラヴは、巧い逃げで2着に粘った。
時計が掛かる条件&軽ハンデで強いマイネルラヴ産駒。そして牝馬の福永。
昨秋のドンカスターSを、速い上がりで勝った時には、驚いた覚えがあります。
この馬元来は、こういう時計の掛かる馬場に適性があると思うので・・・
OPクラスでは、そういう条件待ちでしょう。


3着ソリッドプラチナムは、マーメイドSが今回で3回目の出走。
結果は、1.3.3着。
成績を眺めると・・・
マーメイドSは何故か相性がいいですね。
夏に調子がいいとか、2000が得意とかはなく・・・
かといって直線急坂が全くダメって事はないし、平坦がドンと来い!ってわけでもない。
相手なりに走るという事か?掴み辛い馬です。


4着以下では・・・
4着ブリトマルティスは、いい位置取りで競馬出来たが、伸びきれず。
やや重で2勝してるが、ここまで馬場が悪化すると良くないみたい。
スペシャル×ライアンで、重は巧そうな配合だが・・・

5着ベッラレイアは、4角までは抵抗しましたが、直線一杯。
上がり38.7掛かってますし、こういう馬場は全くダメみたいです。
父ナリタトップロードのように、実力はありながら、なかなか結果に結びつかないという感じになってきてるような・・・

6着ザレマは、4角いい手応えに見えたが、追ってさっぱり。
この馬場はダメ。

10着レインダンスは、この馬場の影響があるが、なかなか調子が戻らない

12着サンレイジャスパーは、長期休養明けらしい負け方。
1回で変わるかな?もう1回は静観の方が・・・
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ