2008/9/22

2008 セントライト記念、ローズS回顧  

先週は、東西で牡牝クラシックのトライアルがありました


まずはセントライト記念

馬場の影響もありますが、このレースは基本的に上がりが掛かる展開になりやすい。
条件戦の緩いペースで、勝ちきれないような馬が台頭することがしばしば。

今年はそんな感じのレースになりましたね。

このレースは、重賞らしい流れになりますが、本番とはほとんど直結しない。
何故でしょう?出走馬がほとんど関東馬だから、毎回レベルに問題があるのかな?
関西でこういうレースがあれば、結構菊とつながるとは思うのですが・・・

今年の上位3頭も、本番ではあまり強調できなさそうです。

勝ったダイワワイルドボアは、2走前がいかにも切れ負け。
ここは内枠の北村だし、面白そうと思ってたら・・・
やっぱり勝ちましたね。
ただここがピークの感じがするし、タキオンが京都3000ってのは・・・

2着マイネルチャールズは、早目勝負をしたものの、勝ち馬に巧く乗られてしまいました。
見た目は、負けて強し。に見えますが、ラップを見ると・・・
大したことない感が強い
早熟だと思いますが、中山なら侮っちゃダメなんですね。
姉が中山巧者のマイネヌーヴェルだし。
本番は、危険な人気馬だと思います。

3着ノットアローンは、外好位からジワジワ伸びて3着
基本は逃げてこそ。の馬でしょうが、こんな競馬もできるんですね。
そこそこスタミナはありそうですが、この馬の血統じゃ、菊なんてとんでもないな。

4着ダイバーシティは、1角で故障馬のアオリを受けましたが、よく伸びてきましたね。
ただ、この4着は大きな4着。今年の牡馬は900万じゃ抽選にも入りそうにないからなぁ
条件戦なら確勝でしょう。能力は重賞級

5着ナリタダイコクも、1角で不利受けたのが痛かった。
この馬の走りは、血統に反するけどバリバリのステイヤー。
菊での走りがみたかった。

7着キングスエンブレムは、4角で前が詰まる不利。
ミスプロだけに、馬群割るのは難しいんでしょうね。
っていうか、早くダート使ってください。

14着クリスタルウイングは、ダービーでそこそこ内容あったので、今回どんな走りするのか注目していましたが・・・
これは完全にリズムを崩しましたね。しばらく静観でしょう。



ローズSは、先行馬が揃っていたので、牝馬トライアルらしからぬ展開に。
雨でインが悪くなったようで、外を回った馬の1〜3着

勝ったのは重巧者が多いステイ産駒のマイネレーツェル。
2着はダンス産駒のムードインディゴで、先週の朝日CCと同じ産駒が1.2着。

ただこの1.2着は展開向いて、次も巧く行くか疑問がかなり残る。


マイネレーツェルは、フィリーズレビューに続き重賞2勝目
2勝とも阪神のトライアルで、嵌った感じ
春は×だったが、秋は?
ステイ産駒、04念ステイの全妹レクレドールは、秋華賞では結果出てないし、本番は厳しいとみます。
そんなに人気になるタイプではないですが・・・

2着ムードインディゴも、嵌った感じ強い。
そういえば、クイーンSではなかなかの競馬してたし、湿った馬場は忘れな草賞で経験済み。
クイーンSで小差だった、メショウベルーガとのオッズを考えるとこっちを拾わないといかんね。
ここはマイナス18キロで激走しちゃったし、本番の上積みは考えにくい。

3着レジネッタは、本命馬の競馬して3着。
タイプは全く違うけど、04年のスイープトウショウのような負け方でした。
内容も悪くないし、本番で切るのは危険か?

4着オディールは、回った位置が悪かった。
悪くない競馬だが、なかなか取捨選択が難しい

5着メイショウベルーガは、生きっぷり悪く、勝負処の手応えもなかったが、よく5着に来たもんだ。
結構使い詰めだし、そろそろ消耗してきたのかも?

6着トールポピーは、余裕残し。
本番にしか本気出さない池添ですし、この内容は悲観するものではない。
今回は回った位置も悪かった。

8着ハートオブクィーンは、4角いい感じでしたが、直線は伸びず。
距離明らかに長いですね。短距離替わりで狙いましょう。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ