鎌倉祇園山ハイキング061007  

鎌倉祇園山ハイキング

10月7日(土)あしたば仲間で鎌倉祇園山ハイキングをして来ました。
今回は9月5日に下見をした時と逆廻りで廻ってきましたが、前夜までは二つの台風(16号、17号)でどうなるかと心配だったが、またまた神がかり的に台風一過の最高の天気に見舞われ、快適なハイキングが出来ました。 展望台での昼食、見晴らしも最高でした。

JR鎌倉駅10時30分集合→大巧寺→日蓮上人辻説法跡→紅葉山やぐら→東勝寺跡→高時腹切やぐら→祇園山ハイキング→展望台昼食→八雲神社→安国論寺→安養院→常栄寺→妙本寺→本覚寺→小町通り和民会食→JR鎌倉駅17時00分解散



クリックすると元のサイズで表示します
東勝寺跡
政治史的に極めて重要な遺跡。
東勝寺は13世紀前半に鎌倉幕府の三代執権・北条泰時が創建した寺院。
元弘3年(1333)5月22日、新田義貞らの鎌倉攻めの時、新田軍が若宮大路まで迫ってきた事を知った北条高時は一族郎党870名余りとここに立て篭もり、火をかけて最後を遂げた鎌倉幕府滅亡の地と記されている。



クリックすると元のサイズで表示します
高時腹切やぐら
この裏山に自害した一族の墓「腹切りやぐら」がある。
山の麓に「東勝寺跡」の石碑が建っており、その左手にやぐら(洞穴式墳墓)がぽっかり口をあけている。



クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉祇園山山頂までの山道
山頂までにこのような険しい山道が3ヶ所くらいある。



クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉祇園山山頂展望台(1)

前日までの3〜4日間アベック台風16号、17号の影響で今度は駄目かな・・・と思ったら、翌日は台風一過の素晴らしい快晴に見舞われましたが、なんて運が良いのだろう・・・とハイキングをしながら感じていたが、自称お天気男が今回こそは何か神がかり的で気持ちが悪いほどでした。
お陰さまで最高の見晴らし・・・鎌倉の街並み、由比ガ浜海岸、材木座海岸、相模湾、稲村ガ崎まではっきり見えました。



クリックすると元のサイズで表示します
鎌倉祇園山山頂展望台(2)
木々の間から見える眺望は素晴らしく、ここでの昼食も美味しかった。



クリックすると元のサイズで表示します
八雲神社
鎌倉最古の「厄除開運」の社といわれ、地元では八雲さんお天王さんと呼ばれ親しまれている。
裏山は八雲神社から東勝寺跡に通じる祇園山のハイキングコース。
あしたば仲間はその裏山から降りてきた。



クリックすると元のサイズで表示します
安国論寺(1)
安国論寺山門
この地は鎌倉時代の初期に北条時政の屋敷・浜御所があった所で、建長5年(1253)安房から鎌倉に入った日蓮上人が松葉が谷に来て、初めて草庵を結んだ所の一つと言われといる。



クリックすると元のサイズで表示します
安国論寺(2)
階段を上り、山門を入って更に進むと、最初に道場を興した岩窟がある。
ここで立正安国論を書いたと言われている。



クリックすると元のサイズで表示します
安国論寺(3)
安国論寺の裏山へ登って行くと「富士見台」と言って、鎌倉の街並みが微かに見えるところがあります。



クリックすると元のサイズで表示します
安養院

安養院は浄土宗の寺。嘉禄元年(1225)、北条政子が夫・源頼朝の冥福を祈って建てた笹目の長楽寺が前身といわれる。安養院の名は北条政子の法名で本堂には本尊阿弥陀如来像と千手観音像と北条政子像が安置されている。



クリックすると元のサイズで表示します
安養院本堂



クリックすると元のサイズで表示します
常栄寺

日蓮宗の寺院で通称「ぼた餅寺」
文永8年(1271)に、日蓮上人が瀧の口法難にあって刑場に引かれていく時、ここに住んでいた桟敷尼が「ぼた餅」を捧げたのでその様に呼ばれたと記されている。


クリックすると元のサイズで表示します
常栄寺本堂



クリックすると元のサイズで表示します
妙本寺山門

妙本寺の辺りは比企ヶ谷とよばれ、鎌倉時代に幕府の有力御家人比企一族の屋敷があった。
建仁3(1203)年、ライバルの北条氏によって滅ぼされ比企一族で唯一生き残った比企能本(よしもと)が一族の菩提を弔うために日蓮に帰依し、文応元(1260)年に比企屋敷の跡に建てたのがこの妙本寺だと言われている。



クリックすると元のサイズで表示します
妙本寺総門
ここの門には左右に仁王様が構えており、突き当りには妙本寺祖師堂がある。



クリックすると元のサイズで表示します
日蓮上人像
この日は台風一過の最高の天気で日蓮上人が浮き出てくるような空でした。



クリックすると元のサイズで表示します
妙本寺祖師堂
長く静かな参道を抜け総門をくぐると、谷の最奥に建つ大きな祖師堂にたどり着く。
境内は静けさにつつまれている。



クリックすると元のサイズで表示します
本覚寺仁王門



クリックすると元のサイズで表示します
本覚寺本堂

身延山から日蓮の遺を分骨したため「東身延」と称し日蓮宗の寺として格式の高さを誇っている。
本堂には本尊の釈迦三尊のほかに、日出上人坐像、日朝上人坐像も安置されている。


10月7日(土)のあしたば仲間の鎌倉祇園山ハイキングは台風一過の快晴の中、JR鎌倉駅10時30分に集合。
大巧寺をスタートし、鎌倉幕府滅亡の地を訪ね、祇園山ハイキング展望台での昼食、降りてから日蓮宗ゆかりの寺院めぐり、そして小町通り“和民”での会食も楽しかった。 JR鎌倉駅17時00分無事解散。

次回11月末は“北条氏ゆかりの禅寺めぐりオフ会 ”を実施予定。
叉の再会を楽しみに・・・では叉 青葉の百姓 2006.10.12


1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ