2009/1/29

自分が  

 プレイしていてタイミングが合うのは、ワンタッチとかツータッチくらいで簡単にさばいてくれる人だ。

 パスを出し、スペースを見つけ動き出したのにボールがこないともうアウツ。 体力がないので、動きなおすなど無理な話。
 もしくは、自分だったら、というタイミングで動き出し、たが、やはりパスが来ないなー、と動きを止めた瞬間にパスが・・・も多々あったりする。 タイミングが合わない人とは、おそらく一生合わんな。 

 さておき、そんな感じに、ぽんぽんとボールを回して攻めるサッカーをしたい、といつも思っている。

 同じ意識を持った味方が多ければ、敵の速さ、技術、体力が同等くらいであればイージーに可能のはず。

 ただ、それ以上の力を持つ相手になると、間違いなく個の力が必要になる。

 ボールを持ったときの選択肢に、「抜く」がないと、マンマークで簡単にやられちまうのだよね。

 つまり、数的不利になることが少ないから、DFが簡単かつ楽、ということ。

 ということで、やはり今(ゴールデンエイジ)、ボールを持てないと(=ボールを取られない、一人は絶対に抜けるぜ)、という結論になる。

 ファーストチョイスが「パス」の子供が大人になった時に持てるわけがない。

 この間のボクのようになってしまうのが関の山だ。

 そうならないためには、今の勝利にはつながらないかもしれないが、時間がかかるプレイも容認してあげること。

 それが、後の勝利になることを信じて。

 収穫はもっと後なのだ。

 がんばろう!!

 話は若干戻るが、あの4日間の動けなさ、ダメダメ感に、いまだにモヤモヤしている。 しかーし、どれだけ疲れているのか知らんが、サッカーしたいエナジーも湧かね。

 六郷の清水のようだ(滝汗)

 要完全休養。

 ASAP!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ