左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2005/3/30

BDFの御質問と返事 2  BDF排水処理
BDFに関するお問い合わせ 廃液問題

*****************************

・合成時、大量の排水が出ます

洗浄は必須と思われますので、排水処理にかかるコストは無視できないと思います。

また、廃グリセリンや鹸化脂肪酸といった副生成物も生じます。

*****************************


廃液の発生量は技法により異なります。

技法の技術水準で経費はかなり異なります。

設備投資の方に予算を費やすのか? 

毎回の予算で処理するのか?

これは当事者の問題であって、根本的な問題とは思えません。


洗浄は必須かと同意します。

極性のある水洗浄を回避する理由は皆目見当がありません。

水洗浄を回避する特殊事情は理解できます。お気の毒です。


水洗浄ほど安価に確実な技法は発見できていません。


*****************************

廃グリセリンや鹸化脂肪酸といった副生成物も生じます。


鹸化脂肪酸が何をおっしゃりたいのか不明で無知です。

グリセリン含有層は生成しております。


鹸化脂肪酸は下部沈殿層のグリセリン含有層に所属するかと私見です。

BDFには含まれていないと確信しています。


ちなみに、顕微鏡観察すれば・・・・・

ほとんど油脂であるのが観察できるかと思います。

きれいで 純粋で ピュアな燃料がBDFです。




2005/3/31  0:42

投稿者:本人さん
原料に水はないものと、適切な対応処理されている前提です。
 古いひどい油は確かにあるでしょうけれど全体から見れば極めて小量かと思います。
 技術的には対応する知識と経験や設備道具が必要かと思います。          新燃料研究所  

2005/3/31  0:40

投稿者:本人さん
BDFに関して良く混乱や誤解があるように思います。
そのうち整理するつもりです。

例えば:石鹸の製造との混同がある?
石鹸の製造経験はないものの、石鹸製造には水が必要なのでは?
BDF製造時にはアルコールの純度の値を100から引いた程度の水しか本来はありません。
                 新燃料研究所

2005/3/30  11:50

投稿者:ユウさん
先の調達のお答えと合わせると…
いろいろ考えてみたつもりなのですがやはりBDFは現状の日本では事業性は乏しく、草の根レベルの地域活動から始めていくしかない、という結論は翻りそうに無いのでしょうか…。

次のご回答、楽しみにお待ちしております。

2005/3/30  11:44

投稿者:ユウさん
>鹸化脂肪酸
廃食用油(原料)回収の段階で油の傷みが酷いほど遊離脂肪酸が増えると思うのです。
遊離脂肪酸はアルカリに触れて鹸化されますよね。
固形分ですから、おっしゃるとおりBDFには含まれないと思います。
これも原料調達の際、きれいな油より汚い油のほうが集めやすいのではないかと考えたからなのです。

2005/3/30  11:42

投稿者:ユウさん
メールにて質問した者です。
わざわざの回答、ありがとうございます。
日時がすごいですね…無理なさらないでください。

>水洗浄ほど安価に確実な技法は発見できていません。
その通りだと思います。
低コストを追求しようと思い、どうすればいいかを考えた結果の質問でした。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ