左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2007/9/2

地方財政の未来 環境排出権取引  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
排出権の研究は財政難に悩む地方公共団体の新たな財源となる可能性があると考えます。

周辺の自治体と連携すれば壮大な可能性があると思います。

国家百年の計 地域未来の孫、末代までの可能性があると思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

****** 関連過去記事 ********************************************

ドイツ銀行がEU炭素排出権 1トン当たりの予想価格を変更したそうです。

25ユーロ(¥4086-) から 35ユーロ(¥5720-) に変更したそうです。

http://green.ap.teacup.com/biofuel/1748.html

リンク先変更作業から漏れていました。 2009-10-12

*******************************************************************

食料と競合するなどという幼稚な議論、農業経営を無視する論理などは存在します。

膨大な水で洗車したり、石鹸だらけの入浴する都会生活者が焼畑農業や農作物の販売先選択権に干渉する論議を繰り返しています。

飛行機を盛んに利用するような人々が冷暖房完備の部屋から貧乏層を固定させようとしています。

大切なのは評論でなく、科学的な分析と思考です。行動かと考えます。

地域まるごとで地球環境調和を志向する環境科学者集団のオバチャン・オッサン達の出現が待望されます。大手ゼネコンの装置や機器購入が解決策ではないと思います。

アルコール燃料は地元の酒屋さんでは不可能なんですよ!
地元のガソリンスタンドでバイオディーゼル燃料を混合して免税にはなりません!

日本は大手企業中心の幕府政治ですから・・・・・

バイオ燃料という黒船がやってきています。
エネルギー維新の時代です。


新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ