左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2007/9/25

市販触媒 炭化水素 第2世代バイオディーゼル  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
脂肪酸メチルエステルに限定した第2世代という用語と、日本で品質確保法の出現以前の用語法の延長にあるバイオ燃料の第2世代とは概念的に異なります。

軽油と同じなら、炭化水素 C H で構成されており当然にガソリン、軽油に混合しても区別はできません

クリックすると元のサイズで表示します

画像はある薬品企業の公開情報です。

いろんな種類の触媒が販売されています。

類似品が日本製でなかったので日本企業が製品化したら、日本初・独自技術と呼称できます。

先込め式の単発銃を独自開発して発展した商業都市もあったようです。

諸外国が連発式を常識としていたとしても火縄銃が最新式という歴史はあります。


************************************************************

原料が何であっても ガソリン 軽油 と区別できない完成品にする技術の存在が意味を持つのかどうか?

最終的に炭化水素油、化石燃料と区別できない化学式まで加工する意図をどう社会的に評価するのかという文化の課題のような気もします。

最終的に炭化水素油ならば現行法では ガソリンもしくは軽油そのもの だと考えます。

品質確保法が存在するのは脂肪酸メチルエステルの社会的な文化的意義かと考えます。

環境派やバイオディーゼル燃料関係者の理解のしかた、理論構成のありようは試練かとも思います。


環境意識の文化がいかに育成されていくのか今後の各自に委ねられていると考えます。

あなたは どう 考えますか?

**********  関連記事 9-26 補足  ***********************

関連記述は多数あります。

http://green.ap.teacup.com/biofuel/1551.html

************************************************************




新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ