左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2008/11/28

BDF低温対策剤の使いこなし  低温対策
どんな事象でも説明できます。

それが正しいのか、誤っているのかは別の話題です。


そして、どんな事象でも説明できなくとも予知できて危険回避できれば充分です。

バイオディーゼル燃料の冬季使用における低温対策剤の検証画像です。


クリックすると元のサイズで表示します


この低温対策剤の場合、液温の逆転層が発生しています。

その理論的説明は別の機会にします。

ここでは、簡単にそれはプラス4度を境にして発生する現象の解明理論と共通するとだけ記述しておきます。

        2011/12/4 液温と沈降

        http://green.ap.teacup.com/biofuel/3374.html



さて、画像のような場合には以下の危険が想定できます。

1:自動車の燃料タンク内部で発生した場合に供給高さはどこなのか?

2:下部層は燃料フィルターの目詰まりを発生させる危険があります。


ところで、軽油や重油の低温傾向試験において同じ条件ではないのを御存知ですか?

検査方法が最近に変更なりました。

ある液温まで到達して良好である。という試験水準では現実的でない場合もあるようです。


新燃料研究所は非公開のコツ・ノウハウを伝授しています。

ビジネスとしてかなりの投資を行い研究を行なっております。

先行投資を回収できる日を夢みています。

******************************************************

補足:

新燃料研究所は特に明記しない場合において以下の原則があります。

1:原料は回収した廃食用油であり、特に回収先別の選別などはしていない。

2:実験するBDFは新燃料研究所が技術指導している生産所製を基準にする。

3:常に、BDF100%での話題が基本であり大原則です。


つまり、この公開研究日誌を閲覧している あなたの生産所でも再現できる。

その再現性の確実さを新燃料研究所が保証するのが有料技術指導なのです。


だれだって最初は無知で素人・アマチュアです。

新燃料研究所はあなたの生産所で生産するBDF品質を確実に短期間で向上させます。


要するに、最新のコモンレール車が問題なく通年稼動できればいいのです。

810会という猛烈な科学者集団がいます。

彼らが品質を検証してくれます。

彼らは名誉ある存在であり、キッチリ 普通の市販軽油価格でBDFを買い上げて検証してくれます。


ベンツやBMWが無料運転させてもらえますよ!
ただ、少々の彼らの演説を聞かなくてはなりません・・・・
コーヒー代は出してあげてね。。

自分の最新コモンレール車に、あなたの生産したBDFを販売できるのか?

彼らは自動車が壊れないBDF判別知識があるので、壊れても全く生産所への責任追及はしません。

BDF使用で自動車が壊れたら、彼らの選別技術の問題なのです。


もっとも、その場合は先に、新燃料研究所の技術不足となります。

これいいよ! 使ってみる? その推薦の技術背景と判断は私です。

彼らの自動車が壊れたら? ・・・・ トラクターを持ち主に無断であげます。。。


滋賀810 コモンレールベンツ
和泉810 コモンレールBMW

誰か 壊してみますか?

彼らが納得して購入するほどの燃料品質を生産しましょう。



新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ