左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2009/4/8

BDF現場の声  BDF使用報告
バイオディーゼル燃料には各担当部門の謙虚さと努力が必要と考えています。

新燃料研究所が技術指導する生産所のBDFを使用された方の感想をメールでいただきました。

************* 新燃料研究所系のBDFを使用された感想 ****************

本日、◎△町の清掃車の運転手に感想を聞くことができました。

「高回転のときのパワーがちがう。パーン、と、いくわ」

パーンといく、ってよくわからない表現ですが(笑)、違いはわかっていただけたようです。

*********************************************************************

1:理論部門 新燃料研究所における広範囲な探索と実験。理論体系化作業。
分析機器が豊富に必要。
BDF量産釜や実験釜など複数の設備が必要。
検証する発電機やトラクターや自動車などが必要。

2:生産部門 生産所における真剣で繊細な実行。BDFの熟達職人。
BDF量産釜の設備が必要。
検証する発電機やトラクターや自動車などが必要。

3:使用現場 他系BDF生産方式との比較を繊細に観察する。
検証する発電機やトラクターや自動車などが必要。


1・2・3 どの段階も重要です。


パワーで勝ち、燃費で勝ち、匂いしないという健康配慮で勝つ。

それらの前提・基盤の上にそびえる安価・確実・環境適合型生産方式です。


いつかは追いつかれ、追い越されるかと覚悟しています。
当面は追いつかれないし、引き離していけると考えています。

ガスクロや各種測定装置などを装備する生産所が増えていけば追いつかれはじめます。
分析数値から全ては開始されます。


新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ