左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2009/9/12

地球温暖化係数  地球温暖化防止・京都議定書
バイオディーゼル燃料は古代地球の濃厚な炭酸ガスを現代に排出する化石燃料と比較して、カーボンニュートラルだとされています。

地球に優しい自動車燃料です。

地球温暖化係数という数値があります。
炭酸ガスと比較して、いかほど地球温暖化に深刻であるかの数値です。

クリックすると元のサイズで表示します


表の解釈のしかたとして、

メタンを1トン削減したら、二酸化炭素に換算して 21トン削減。
一酸化二窒素を1トン削減したら、二酸化炭素に換算して、310トン削減。

クリックすると元のサイズで表示します


HFC PFC 六フッ化硫黄 などの数値はすごく大きくて驚きます。

自動車エアコンや家電の冷却用など現代社会のあちこちで使用されているようです。

温暖化ガス 25%削減 決して夢物語でないのかもしれないと思います。


自動車は全面的にクリーンディーゼル車にするのもアイデアとしてあって良いと考えています。

BDF混合の上限を30%までに引き上げてもよかろうと考えます。

プジョー社のディーゼルはDPF方式で、BDF30%混合を正式に許容しています。

そのDPFは日本企業の製品です。


品質不良のBDFだからDPFに問題が発生するのでないかと考えています。

BDF100%で問題なく使用できるのか?

実績の積み重ねが日本各地で行われています。


落ちこぼれて、脱落しているBDF生産所が続々でているようです。

あきらめる必要はないと考えます。

問題を解明し、対策を実行すればよろしいかと考えています。



新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ