左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2010/2/24

BDF車両故障 2例  BDF燃料使用トラブル参考情報集
バイオディーゼル燃料の装置企業のなかには奇妙に販売力が強く実績が多い場合もあります。

インターネットで検索して、ああ また この企業なのか。。。。

よくも 10年以上も生き残っていると不思議です。

クリックすると元のサイズで表示します


断定はできないけれど、

無水・非水系において2年〜3年で自動車は壊れると伝聞しています。

直接に伝聞した事例では、あるBDF講座受講生の知りえた現場の声は、

レンタル・リースの車両だから燃料が安いのが希望。。。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

水洗浄系でも、関西の地方鉄道において列車を壊した事例があるようです。

消えたBDF試験走行車両

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2537.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

事実関係は不明な事例です。

クリックすると元のサイズで表示します


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


自動車故障を防ぐのは、

技法より優先すべきは燃料フィルター観察です。

次に、BDF品質検査です。

どんな技法であるかを議論するのは不毛です。

まず、すべきは現実の把握です。


最新のコモンレール車でも使用できるのが、普通のBDFです。

旧式のディーゼル車であっても排気ガスが、てんぷらクサイほど不良BDFです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

BDF製造装置を無改造で より品質の高いBDF生産できます。

BDF 100%使用で、自動車は無改造で対応できます。

新燃料研究所に御相談ください。

てんぷらくさくない排気ガスを目指しましょう。

最新式のコモンレール方式の自動車へ、100%BDFで使用しましょう。

洗浄毒水の処理やグリセリン含有層の燃料化も技術指導しています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ