左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2010/4/16

BDF酸化 ガム  化学構造や反応
酸化重合やガム質に関する質問が多くあります。

高校時代の参考書を手にとったら、わかりやすい図がありました。

p156 化学精義 U  培風館  昭和49年 初版第2刷 


クリックすると元のサイズで表示します



左は、別の分子として独立している状態です。

酸化重合した結果が右の状態です。高分子化になっています。


高校の参考書なので、近くの図書館にもあると思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

酸化重合物は、原料の廃食用油に存在します。

完成したBDFは、酸化が進んでいきます。

高分子になれば、ネトネト・粘る状態になります。


業界用語として 実在ガム、潜在ガムと区別する場合もあるようです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クリックすると元のサイズで表示します



専門用語や略称、俗称などがマギラワシイ場合には 化学結合がいかがなるや?

最初の頃には、難解に感じられても、


結局は化学的な理解が簡単だし、正確であるのが理解できてくると思います。

怖いのは無知がネジレタ、独自解釈・誤解です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今回の情報は多くの悩める方々が安堵されたかと思います。

ガミー:ガムに関して、スッキリしていただけたと考えています。


高分子化した状態を ガム ガミー などと呼称するのです。


新燃料研究所は、

バイオディーゼル燃料の化学理論・知識・技術・薬剤・装置を提供します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

関連情報

http://newfuel1.com/biofuel/chemical.html




新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ