左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2010/5/31

BDF 水分  BDF品質項目の解説
BDFの水分について、意外に知られていない事柄があります。

公開講座では説明しています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クリックすると元のサイズで表示します

上記の画像資料は 株式会社 東大総研 バイオマス情報ヘッドクォーター

http://www.biomass-hq.jp/documents/international_trends/germany/diesel/page5

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

過去の関連記事

2007/8/9 バイオディーゼル燃料の水分規制の予備考察

http://green.ap.teacup.com/biofuel/1747.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

水分 500 mg というのがいかに厳しい数値なのか、

この数値は分析機関へ依頼された方にしか理解できないと思います。


その予備知識があってこそ、300mg 以下の世界が理解できます。

入門者・初心者の丘を越えてこそ見えてくる、遠い水平線の話題です。

はるかかなたに見える船、それが水分の話題です。



日本の多くのBDF生産所は 500mg以下達成に苦しんでおられます。

有名な、非水・無水技法であってさえ 300mg以下を達成できない事例もありました。


多くのBDF生産所とおつきあいできて、

信頼を得ないと見せてもらえないのが分析証明書です。


多くの分析証明書を見たことがあるほどに理解できます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

減圧脱水せずに 300mg 以下を達成されたBDF生産所があります。

達成された数値は 269mg/kg JIS K2275.5 です。


2010/5/30 高品質BDF  

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2819.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ここで確認しておきます。


新燃料研究所の基本見解として、

水洗浄技法系でありつつ、アルカリ残留濃度:ppm が低いならば心配しなくても良い。

従来からの見解です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

300mg以下を達成された素晴らしい成果に拍手!!

ドイツのAGQM水準における水分項目を水洗浄系でありながら達成されたのです。

しかも、減圧脱水されずにです。!!



新燃料研究所





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ