左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2010/6/5

B100使用の品質  BDF品質項目の解説
世界的にBDFの品質規格はほぼ同じです。

http://www.biodiesel.org/pdf_files/fuelfactsheets/BDSpec.pdf

上はUSの規格です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

考えてみましょう。 @

US規格に合致したBDF品質ならば、

B100濃度で使用しても問題ないのでしょうか?

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

考えてみましょう。 A

EU規格に合致したBDF品質ならば、

B100濃度で使用しても問題ないのでしょうか?


EN14214

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2273.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

考えてみましょう。 B

JIS 規格に合致したBDF品質ならば、

B100濃度で使用しても問題ないのでしょうか?

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

考えてみましょう。 C

日本の官庁指定5項目検査に合致したBDF品質ならば、

B100濃度で使用しても問題ないのでしょうか?


BDF 5項目検査

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2821.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

それぞれのBDF規格はEU規格に追従してきています。


BDF以外でも、いろんな分野の規格が国際的に整合するように協調されています。

定期・不定期的な国際会議で協議されています。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ここで改めて考えましょう。

基礎となった当時の自動車はいかがな段階であったのか?


コモンレール車が普及し始めた段階であったかと思い返しています。

当時は普及拡大するコモンレール方式を意識しつつも、

どこまでのBDF品質を必要とするのかの認識は一致させる必要も無かったように考えます。


EU US 日本、それぞれの国内外事情を考慮して排出ガス基準は定められています。


排出ガス規制が厳しくなるにつれ自動車は進化しています。


現行のBDF品質基準がどこまで有効なのか、いつまで故障防止の目安になるのか?

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

多くの実例が必要です。

実験中の方々からの車検証のコピー送付をお願いしています。



新燃料研究所系でないBDF使用者・生産所であっても、

協力程度に応じての情報リターンを行います。



協力程度が大きい場合には、

無料での残留アルカリ:ppm濃度の簡易検査を行う場合もあります。

実験で自動車を壊さない最低の予防です。

この、DPF・DPR対応品質の検証段階にまでなれば、

従来の、精製水との混合による下部水のph:ピーエイチ検査

程度では全く何の安心も得られません。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

検証に必要なのはDPFやDPR装着車です。

運転席パネルにランプがあると思います。


コモンレール車という分類のなかにも進化段階があるのです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所の現有技術では、平成17年規制以前のコモンレール車では、

BDF100%・無改造で使用できるBDF品質水準の理解と対応技術の検証が完了していると考えています。


現在の段階は、平成17年規制以降で平成22年秋規制までの、

コモンレール車への対応技術の確認中です。

もちろん、BDF100%で無改造で使用できる水準です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

DPFランプの点灯時間を軽油と同等もしくは延長が必要です。


実験中の方は車検証のコピー送付をお願いします。



新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ