左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2010/6/24

残留物の相互反応  化学構造や反応
バイオディーゼル残留物の相互反応について整理しました。

水洗浄技法と非水・無水技法に共通する範囲としました。

技法特有の深刻な危険は今回の記述範囲ではありません。

バイオディーゼル燃料という完成品への残留物質の話題です。


1:何かが残っていた場合、あってはいけない物質は何なのか。

2:何と何が反応して、生成する危険性がある物質名は何か?

3:何故、少なくしなければならないのか?

充分に残留物の変化危険性を知りましょう。


そして、いかに除去すべきかを考えましょう。

物質の特性を理解してこそ、効率の良い除去方法を選択できる可能性が高くなります。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


クリックすると元のサイズで表示します



上記の表は 反応途中 とも言えます。

書き込むほどに本質が見えなくなるので、とりあえず状態表です。

どんな物質も変化途中であると考えて下さい。

さらに変化・反応していく危険性があります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2007/8/6 バイオディーゼル燃料の攻撃性の考察

http://green.ap.teacup.com/biofuel/1741.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

高校課程の化学水準なので、努力さえすれば充分に理解できるはずです。

中学以上の基本知識があれば、高校参考書を熟読すれば理解できていくという事です。


そんな面倒は嫌ならば、新燃料研究所の技術指導を受けて下さい。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

バイオディーゼル燃料の普及には、鑑定能力を持つ人材育成が必要です。

バイオディーゼル燃料の普及には、化学知識を実践できる生産所が必要です。


化学的な用語は非日常的で、なじめなくて困っておられる方々が多いと思います。

幾つかの基礎的な専門用語は覚えていただかないとなりません。



サッカーにしろ、ラグビーにしろ 専門用語抜きではもたつきます。

オフサイドって何? ノックオンって何?


新燃料研究所の指定する基本書と、

上記図表を見比べていけば、自己流のBDF初級水準卒業は近いものとできます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新燃料研究所 指定基本書


2005/9/26 化学の参考書 化学図録 数研出版

http://green.ap.teacup.com/biofuel/383.html



新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ