左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2010/6/30

羽田空港のバイオ燃料  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
インターネットで検索していて、はて?

たしか、羽田空港ではバイオディーゼル燃料が使用されていたと記憶していた。。。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

バイオディーゼル燃料とはBDFのことであり、FAMEのことであるはず。

脂肪酸メチルエステルでないとBDFと呼称してはいけないと考えています。


羽田空港で使用されているのは ストレート廃食用油 のようです。


FAMEも併用されているのかもしれませんものの、

大部分は、どうやらメチルエステルでない。


かなり強烈な臭気もあるようです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

FAMEでなくても使えているのならば誠に結構なことであり、

クサイのはお気の毒と同情させていただくのみであって、

それ以上の気持ちはありません。


できればFAMEを使用していただければBDF普及にとって幸いと考えます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

地球環境が職場環境よりも優先させるべきとは考えません。

小さな積み重ねがあってこそ全体への反映だと考えます。


テンプラくさいのを我慢するから品質向上への ヤル気持ち がでてこない。


コモンレール車には使えないとあきらめてしまっているから品質向上できない。


新燃料研究所は初期型コモンレール車は当然に、

DPF付きコモンレール車へBDF100%使用を実証中です。


原因を追い詰め、原因を除去する方法を検討し、検証中です。


原料は酸価値の高い廃食用油であっても問題ないかどうか検証中です。


問題なさそうだとの感触が現在のところです。



新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ