左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2010/7/23

食料と競合しない植物油  入門・初心者・初級 BDF基本知識解説
説明はしているものの、どこまで理解していただいているんだろうかと思います。

FAME 100% で使用できるという選択範囲の原料と、

軽油混合で許可受けて使用できる原料範囲とは異なります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

海外への投資を誘う人達は理解しているんだろうけれど、

誘われる側は理解できているんだろうか??

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

軽油混合の前に、FAME100%としての品質確認があります。

この前提をクリアするのは ほぼ菜種か大豆が主体でないと困難です。


あれこれ加工してBDF100%で合法できることと、

軽油混合の認可取得可能性とは、別の事柄です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ほぼ断定していいと考えています。

非食用油脂からFAME100%での使用は合法です。

非食用油脂から、事前の手続きを経て、軽油混合で使用できる可能性は少ない。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

非食用油脂由来FAMEを加工し、

さらに菜種系FAMEとの混合という場合には可能性がなくもないかな?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

数年前から、幾つものプロジェクトに補助金が数億円でていたようです。

どれか成功したという話題は聞いていません。


直接に電話して、やめるように助言した事例もあります。

どうなったのか結果は知りません。


脂肪酸組成を加工しようとしても、希望する位置でハズレテくれるとは限らない。

酵素法なら可能のようだけれど、時間と費用が非現実的なドラエモン世界。


グリセリンが生成しない画期的な技術というのも複数ありますけれど、

できても、JIS規格とは無縁な植物由来燃焼可能液体・・・・・

できても、一万円札をジュースにしたよりも高価な植物由来燃焼可能液体・・・・・

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

できないことはないだろうけれど。。。。


誰にでもJIS適合バイオディーゼル燃料が作れるという幻想も健在です。

過去にはなかった新型車・新しい法律が現実として存在しています。


過去の栄光は、複葉機パイロット時代のムカシ話しです。



新燃料研究所



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ