左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2010/9/16

久しぶりに、関東以北のBDF生産所に電話しました。

数年前、幾度かBDF品質評価などを依頼されたことがあります。

その地方では、最近はBDF専門家の方々が各BDF生産所を訪問されているそうです。



相手 : 早く、日本でもバイオディーゼル用のエンジンを開発して欲しい。

私  : 既に、BDFは使用できますよ。JIS規格もできていますよ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以下はインターネットで見つけました。 関西地方です。

クリックすると元のサイズで表示します


何を、どうすれば そういう理解ができるのかと不思議な事例が時々あります。


笑ったり、馬鹿にして得意になれるのは事例を少ししか知らないからだと思います。

事例数を知るほどに笑ってすませなくなります。


自分を賢いと思い込む人が多いようです。

落ち着いて、ゆっくり考えてみましょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以下はインターネットで見つけました。 関東地方です。

昨年の11月という最近にもかかわらず、おそろしく旧時代の発想です。

クリックすると元のサイズで表示します


品質確保法からJIS規格へと、さらに J−VER ポジティブリスト E004 

確実に進化していっている日本のバイオディーゼル燃料環境があります。


時間が止まっている人達がいるようです。


笑ったり、馬鹿にしたり、

得意になってフザケテいられるほど状況は ゆるくないようです。


切れないノコギリ 材の品質が悪いと説明しているようなものです。


最新コモンレール+DPF・DPR車にも、BDF100%で使用できる品質があります。

そういう品質に近くないと、JーVER審査・登録は不可能だと考えます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

平成20年11月14日 オフセット・クレジット(J-VER)制度の創設について(お知らせ)

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=10418


気候変動対策認証センター

http://www.4cj.org/jver.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

議論もなにも、前提知識が不足する人とは 意見が異なる云々 以前の問題です。

議論・意見よりも 先ず 現実を知っていただきたい。

社会ルール 規則 約束事 きまり を知ってから、 それから始まりです。



新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ