左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2010/10/25

新しい環境目標  地球温暖化防止・京都議定書
世界的にはバイオディーゼル燃料の混合濃度が高くなる傾向にあります。

日本の環境問題において、20%混合を目指すべきと考えます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クリックすると元のサイズで表示します

City of Richardson

Evaluation of NOx Emissions
using B20 biodiesel in Street Fleet

Spring 2006
As Amended,
January 2007


http://www.biodiesel.org/resources/reportsdatabase/reports/gen/20070101_GEN382.pdf

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

表の解釈 : 新燃料研究所

化石燃料を基準:ベースに排出ガスを比較したグラフです。

当然にB100が好成績であるも、

限られたバイオディーゼル燃料を特定車に集中させて使用するのでなく

広く・多くの自動車で使用するのが賢明だと解釈しています。

City of Richardson で公共交通においての報告書です。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

これから実現まで何年かかるかわからないけれど、

B20を目指した法整備や品質向上が必要と考えます。


高濃度とは言えないのがB20だと考えています。

日本の5%という低濃度混合と比べたら、中濃度という表現が適切かもしれません。


環境意識の高い人々、NPOなど多くの方々に訴えていきましょう。


都道府県・市町行政において、環境先進性を示し先駆者となりましょう。

今後、J−VER申請・認可受けられない公設BDF生産所が顕在化してきます。






新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ