左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2005/8/26

手作りBDFの手作り道具 分液器  相談と回答
PETボトル分液器の使用上の注意

私が提案したPETボトル分液器は 2L 4L と2種類あります。
複数を使用するのが基本です。

*******************************

真似て作ってみたけれど漏れた・・・・ とのお話を聞きました。

精度よく加工した上で適切な配慮をしてあります。

重みで下へ引っ張られているので抜ける危険は常にあります。

万一の対策に下部には充分な容積の容器を置いて下さい。

透明樹脂パイプが曇ってきても下部グリセリン含有層と、
上部粗製BDF層との界面は濃淡で判別できます。

ホームセンターで安価に入手できますので、早めに交換しましょう。

接着剤は使用していません。熱溶着もしていません。
仮に固着させたとしたら、樹脂ホースが不透明になった時、
本体ごと交換しなければなりません。つまり、全部廃棄です。

強い力を加えれば抜けますし、数回使用したら点検しましょう。

抜ける前に周辺に散布するような流出飛散が発生します。
周辺に飛び散り、突然完全に離脱してしまいます。

欠点を知って御活用下さい。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ