左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2011/3/26

原発放水 民間協力  原油・石油・エネルギー
多くの方々が犠牲になった地震は、

さらなる被害拡大の危険が福島原発で発生しています。

多くの方々が被害防止に奮闘されて感謝するばかりです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

民間企業の協力も、トラック協会など広範囲な産業界から行われています。

インターネットで見つけた情報の紹介です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

福島第1原発では、4号機の使用済み核燃料プールに対する東京電力による注水作業が24日午後に約2時間、生コンクリート圧送機を使って実施された。

毎日新聞 2011年3月24日 21時23分

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110325k0000m040128000c.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


大量の放射性物質の流出危機にある福島第1原発への放水のため、三重県四日市市の建設会社「中央建設」が国内に3台しかないという“新兵器”の提供を国に申し入れたが、政府および東京電力の了承を得られず、“待機”を余儀なくされていることが20日、わかった。

旧ソ連のチェルノブイリ原発事故封鎖の際にも使用された重機と同型で、毎時約150トンの水を投入可能。機械から約100メートル離れた場所から遠隔操作できるほか、通常でも7〜10時間の連続運転を行っており、今回の放水作業には大きな効果を発揮する可能性が高いという。

デイリースポーツ

http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/03/21/0003881756.shtml

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

四日市市西坂部町の建設会社「中央建設」(長谷川員典社長)のコンクリートポンプ車2台が21日、福島県内の待機地に到着した。

出発に際し、同社の中村貴広さん(38)は「怖くはありません。今、置かれた自分の使命を伝えられるでしょう」と話していた。

サンケイニュース

http://sankei.jp.msn.com/region/news/110322/mie11032201410000-n1.htm

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

クリックすると元のサイズで表示します


ものすごい機械が世の中にはあるもんだと驚いています。

日本には3台あり、そのうち2台を所有している会社だそうです。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


中央建設株式会社

http://www.chuo-groups.co.jp/concrete/pm_m52.html

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


多くの方々の善意が寄り集まり 社会は前進していくのだと思います。


亡くなられた方々の分まで、私達は他人への貢献をしていかなくてはならないと思います。




新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ