左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2005/8/29

言葉の壁とバイオディーゼル 低温対策剤  
連日の資料に狂気乱舞のBDF知識

中学校英語のレベルさえ怪しいというより、
正確には This is あっつ pen レベルの私なのに・・・

読める・・・ というより わかる。 わかる・・・・
ふむふむ・・・・

********************************

英語はわからんけれど BDFの事ならわかる。
そんな自信を持って 安い市販ソフトの力を借りながら・・・・

実験してみないと検証できないけれど、
外見は国内で入手可能な低温対策剤のひとつに似ています。

特急便で送ってもらったので高くなりましたものの、
日本国内で購入するのと ???  

問題はあります。
調査しすぎて、実験すべき素材が多い・・・・
しまった・・・。

どこから手をつければ・・・・・

***************************

必死に頑張っているBDF研究なんだけど、何故か 笑い
の要素が発生してしまうのは キャラなのか? 業なのか?

世界一らしい低温対策剤 と 日本一らしい 低温対策剤
幾つも入手しました。

とっても知りたかった添加率は 0.3% 近傍でマイナス15
-15 ℃ 0.3% mix

マイナス23度 -23 ℃ までのグラフが付属してきました。

南極軽油のマイナス40度を期待していたのに・・・・

日本の製品にはデーターが一切添付してこないです。

日本では、低温防止剤と酸化防止剤とが混同されているようです。

ユーザー側が検証しないようです。伝聞や丸投げや、引用が通用

しているのが日本のBDFの病的側面と思っています。

*****************************

物まね 模倣は必要だけど・・・

検証したうえで 責任もって紹介すべきでしょう。

と いうわけで 適切な実験設備がない現在は公開できません。

*****************************

私の受講生の皆さんは遠慮なくどんぞ。

検証後は格安で受講生には販売します。

まとめ買いで安くするか 現地買出しにいきます。

日本の製品とは酷似しつつ かなり異なる感じです。


関西弁しか 話せない私。

新燃料研究所 パク チャンス


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ