左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2012/4/27

バイオディーゼル酸 アルカリ  化学構造や反応
バイオディーゼル燃料のつくり方で、酸 アルカリ 2段階という説明があります。

アルカリ アルカリ 2段階という説明などもあって、非常に複雑怪奇です。

整理したマップを作ってみました。

エステル交換とエステル化 用語の整理  エステルマップ Ester Map

クリックすると元のサイズで表示します


関東に、最近に稼動開始した、非水・無水方式 蒸留方式の量産BDFプラント

があります。

数年前のコモンレール車 100% 公開試乗会の参加者の方で、

そこの技術顧問になったという方と昼間に電話で話していました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【 新燃料研究所の抱いた印象 】

関東方面の残留炭素の条例値を達成するのに蒸留装置が有効であるとの主張の背景に、

エステル交換とエステル化の混同があるように思えた。


前処理という表現のなかに、関東方面のBDF関係者に多い誤解が含まれているようだ。

業務用油脂を調製して販売する業者さんで問題となることがあったとしても、

家庭や飲食店から回収してくる廃食用油には、それほど加水分解された油はない。

業界で呼称される FFA は日本国内で発生する廃食用油としては小さい。


ひどい廃食用油があると自慢する人も多いけれど、

その判明した時点でBDF原料にしないはずなので、問題とはならないはずです。


劣化の進んだ油を原料にしようとする考えが、そもそも奇妙です。

アクロバットやサーカスのような演技を披露するのがBDF製造ではありません。

業務向け脂肪酸販売屋さんの問題、を区別できないでいるアマチュアが多いようです。


エステルマップは進化させる予定です。

あまり複雑にせずに、見た瞬間に 全体の広がり 枠組み が見える工夫をします。

加水分解反応を中心にして、左右の流れとして表現できないかと考えています。


カルボン酸 遊離脂肪酸  エステル化

クリックすると元のサイズで表示します




2010/6/21  遊離脂肪酸のエステル化

BDF生産において、グリセリンを原料に投入される事例があるようです。

新燃料研究所は、この技法は誤りだと指導しています。

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2850.html



2011/6/3   BDF前処理 

前処理として硫酸を使う方法があります。

116年前に発見されている技法です。

明治41年 1908年頃 カセイソーダによる処理が開始され ソーダ直し と呼ばれた。

白絞油 とされたそうです。

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3222.html




2011/6/13   前処理 FFA対策

不純物にはFFAと呼ばれる脂肪酸もあり、時にはエステル化させるとされています。

画像の左端は 濃硫酸を使用して、エステル化により不純物を低減させました。

酸価はAV値換算で、約 4程度 改善できました。

初心者・入門者段階では 原料のAV値は 2未満 悪くても3未満であるべきです。

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3234.html



2012/1/17   エステル交換 平衡

☆☆☆☆☆ エステル化率   表現として不適切です。 ☆☆☆☆☆

3段階に分かれるエステル交換は平衡反応

油脂からの変化過程からの理解  グリセリンに注目しての理解

半経験的分子軌道法によるエステル交換反応の解析

エステル交換の限界に関する考え方

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3408.html



2012/3/16   よくわからないBDF前処理

Fischer エステル化反応を誤解していると思われるBDFメーカーは関東に複数あります。

不思議 2

1: BDF製造前に、前処理として前回に生成したグリセリン含有層を投入し攪拌。

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3463.html





新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ