左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2012/10/10

保険のでないBDF  BDF燃料使用トラブル参考情報集
PL保険の対象になると思われる事例で、BDF使用でPL保険の適用がないそうです。

自動車故障が現実に発生し、使用した白土吸着材がエンジン内部から大量にでてきた。

スラッジがでても保険がでない。PL保険がおりない、保険金がでないそうです。


排水がでないBDFだけれど、保険もでない。

故障車のうち、1台が廃車になってしまったそうです。

自動車修理費用もでないし、BDF装置の返却もできない。


自動車廃車の損害、自動車修理費用から自動車故障原因調査経費、代車費用などと

かなりの被害金額、損害が発生しているようです。

BDF製造装置の返品と返金なども考慮すべきかと思われます。



このまま、この話題が繰り返し話題になっていくだけなんでしょうか?

白土がでたけれど保険はでないし、謝罪の言葉もないし、PL保険がでない説明もない。


いろいろ事例を集めて、大学の先生に相談するのがよろしいのかも?

穏便に おんびんに、 先生 なんとかしてくださいよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

PL保険が出た実績があるのかどうか、確認した方がよろしいようです。

故障がないから実績ないのか、そもそも加入事実があるのか、

そのBDF装置メーカーだからPL保険が適用されないのか?



全国のBDF生産所に情報をお願いします。

どう考えても理解できない不思議な事例があるようです。

BDF装置メーカーの立場として、

ユーザーに保険が適用されるように協力するのがメーカー利益となると思うんだがな。

なぜか非協力的らしい。


きちんとした説明もなく ウニャムニャ 留守です 忙しいです 不在です 出張です。



密閉釜方式のBDF装置メーカーで、そういう対応事例を知っています。

三方弁を使うという間違いや、液だまりできる高圧ポンプを下部に設置してありました。


連絡してもメンテナンスにも来ないし、

自動車故障が発生したという重大事態に関心もなかったそうです。

被害の拡大や、被害の再現を防止するならば 何がどうなったのか事実確認するはずです。

詳しく調べたくなるはずです。


調べなくとも、何がどうなったのか よおおく御存知なのかもしれないと思う。。。。



第3セクターの地方鉄道で、

ディーゼル車を故障させたと風評だしたBDF装置メーカーは無くなったようです。

風評被害はほとんどなかったようです。地元では BDFにメゲタ。 とか。


   方言で、 めげた とは、敗北・負けた という意味です。

   折れた というニュアンスもあるように思います。

   ディーゼル機関車がBDFと勝負して敗北したという表現になります。。。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012/1/28   BDFの普及 歩み

アルミナ シリカ 中村  平15 京都市 大転換

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3419.html


2012/1/30   コモンレール車 故障

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3420.html


2012/4/19  バイオ燃料自動車故障予測 

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3498.html


2012/7/12  50L 型乾式アルカリ触媒法

考察 : AV 常温判定紙の欠点

右上がり のこぎり波 : sawtooth wave

スラッシュ slash

クリックすると元のサイズで表示します

http://green.ap.teacup.com/biofuel/3561.html




新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ