左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2012/10/13

北海道と鹿児島のBDF  BDF燃料使用トラブル参考情報集
北海道と鹿児島のBDF生産所から燃料フィルターが到着しました。

偶然にも、同じ日の午前と午後でした。

送られてくるのは宅配便が多く、珍しくもどちらも郵便でした。

偶然はまだ続き、送られてきた燃料フィルターが同じ型式でした。


クリックすると元のサイズで表示します


どちらも水洗浄技法です。BDF装置メーカーは異なります。

密閉釜方式と、半開放式というか洗濯機型というか・・・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ディーゼル車の燃料フィルターの診断は故障予防に非常に効果的です。

走行距離でクリーンカット観察すべきですけれど、

年に1度しかしない場合は10月〜11月頃が適期です。


濾過体を光学顕微鏡で観察します。 裏と表の捕集状況は通過程度の判断で重要です。

クリックすると元のサイズで表示します


燃料フィルター 過酸化物

クリックすると元のサイズで表示します


同じ異状物質が観察できました。

濾過体の裏と表を光学顕微鏡で観察したところ。通過していました。

軟体物質なので、通過するのは当然です。


有名な酸化防止剤を使っているとのことですけれど、

種類・濃度・使い方など点検が必要だと評価しました。



2010/5/15 廃食用油 沈殿槽

http://green.ap.teacup.com/biofuel/2796.html

金属には酸化劣化を促進させる触媒作用があります。

銅や亜鉛よりは小さいながら、鉄にも劣化促進作用があるようです。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


 【 公開研究日誌 関連記事 検索用 キーワード 】

  
   過酸化物 極性化合物 TPM 遊離脂肪酸の増加 芳香族化合物等の増加

   重合   ガム質   ガミー 



  ・・・ ★★★ 公開研究日誌 関連記事 関連強度大 ★★★ ・・・

  2012/10/6  重合防止剤 ハイドロキノン

  化学薬品の反応抑制として、重合防止剤があります。

  http://green.ap.teacup.com/biofuel/3632.html

 
  2010/4/16  BDF酸化 ガム

  http://green.ap.teacup.com/biofuel/2761.html


  2012/5/28  間違い放置のBDF説明

  BDF理解度 上級水準 程度

   二分子間で水素結合を形成し、二量体として存在する。 

   同程度の分子量よりも沸点が高い。

   炭素数4までのカルボン酸は水と自由に混じる。

     有機化学 村田滋  東京大学出版会 p204

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3527.html



   2012/5/23   脂肪酸ナトリウム  

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3524.html


   2010/9/21   KOREA Biodiesel 2010 

   重要な報告があったようです。

   バイオディーゼル混合軽油の酸化劣化物の分析を行い、

   モデル化合物と比較し、酸化劣化物はエステル二量体であることを確認。

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/2952.html


   2010/6/10   BDF燃焼理論

   4:不純物・重合物・二量体が少ないほど小さな粒にできる。
   http://green.ap.teacup.com/biofuel/2834.html


   2010/3/20   BDF 夏季トラブル  

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/2728.html


   2010/1/19   車内最低温度

   バイオディーゼル燃料の冬支度における原則は精製かと考えています。

   重合物:二量体・ダイマーの除去が重要なのではないかと考えています。

   低温対策剤の添加は次の段階における話題でしかないと考えています。

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/2659.html

    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


自動車故障は予防できると考えています。

適切な診断を専門家が行ってこそ、深刻な自動車故障を回避できる対策を選べます。

新燃料研究所は燃料フィルターのクリーンカット観察を提案しています。

精密診断と対策技術指導を行っているのは新燃料研究所だけではないでしょうか?

実績が豊富にあります。ご相談をお待ちしております。


コモンレール車でも高濃度 BDF100%走行できるように品質向上しましょう。

テンプラくさいBDFから卒業しましょう。

健康に悪い危険を知りましょう。



新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ