左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2013/1/22

BDFと化石燃料には共通性の高い部分も多くあります。

スラッジ Sludge に関して、ガム質を含めて燃料フィルターの詰まりが発生します。

沈泥 不ケンカ物 過酸化物 極性化合物 鉄系水酸化化合物 などなど。。。

高分子化合物であったり、微細な粘土状であったり、Si シリカ系であったり。。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

クリックすると元のサイズで表示します



常圧蒸留装置のしくみ

クリックすると元のサイズで表示します


Q14:船の燃料:船の燃料には何を使う?

船(商船)の燃料(バンカー)は、C重油が一般的です。

原油を精製して、LPガス、ガソリン、ナフサ、灯油、ジェット燃料、軽油などを抽出した最後の残りかす(残渣(ざんさ)油)が、重油とアスファルトになります。

重油もその粘度によって、A重油、B重油、C重油に分けられますが、C重油は一番粘度が高く、常温では固まってしまいます。

 このため、ディーゼル機関の燃料としてC重油を使用するためには、加熱して、不純物を取り除く必要があります。

こうして取り除いた不純物はスラッジと呼ばれ、燃料消費量の4%も含まれます。

例えば、1日に50トン程度の燃料を必要とする超大型タンカー(VLCC)では、1日に2トンものスラッジが発生することになりますが、船内の焼却炉で燃やすか、港に到着した時に陸上に降ろしています。

 また、船内用の電気を作る発電機も小型のディーゼル機関ですが、こちらは、一般的にA重油が使われます。

また、LNG(液化天然ガス)船のように積み荷のLNGが蒸発したガス(ボイルオフガス)を燃料として利用する例もあります。



日本船主協会:海運資料室:海と船のQ&A

http://www.jsanet.or.jp/qanda/text/q2_14.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

燃料フィルターが詰まるのは、捕捉されているからとも考えられます。

全く詰まらないと喜んでしまうのは非常に危険です。

捕まえることができなくて、エンジン内へ通過させている危険があります。



新燃料研究所は自動車の燃料フィルターを健康診断できます。

故障予防に効果的です。

正常な状態であると確認して、安心してBDFを高濃度利用しましょう。



新燃料研究所
タグ: 白土 FCC 触媒


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ