左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2013/1/30

大気汚染 PM2.5  BDF健康貢献と有害性
大気汚染の話題が大きな問題として報道されています。

工場や家庭暖房の排煙だけでなく、自動車の排気ガスも大きな原因となります。

コモンレール車、 SCRシステム AdBlue 尿素水 アドブルー の必要な理由です。

BDF健康貢献と有害性    BDF健康貢献と有害性  

資源の有効利活用という、捨てないで活用しようという発想も大切ではあります。

もったいない モッタイナイ という考え方はわかりやすく、生活感になじみます。

地球温暖化に深く関係する 温暖化原因物質の抑制 は健康被害の防止という 

緊急で、今すぐの問題として考えるべきだと思います。

BDFの5%混合に関する規制緩和が必要と考えます。


税金の問題は非常に大切ではありますけれど、

健康問題が中心の根本思想、人間優先の思想が必要な、緊急な段階であると考えます。


日本が率先して、BDF20%混合を実行することで、

中国や韓国に対し、

排気ガス低減を真剣に必要としている熱意が伝わるのではないかと考えています。

公害防止の熱意と投資などの努力を一番に実行している日本が最大の被害を受けるようです。

あまりにも理不尽に思います。

BDFを少量だけ軽油に混和するだけで黒煙は大幅に減少する。

その事実は国際的に認知されています。


     不正軽油だとか、税金の現行法律があるからといって このままにしますか?

     一番の被害者が経済性を理由にするならば、

     風上の人達の経済性優先の行動をとめられないと感じます。



あれこれ、立派な対策は別途に必要だと思います。

とりあえず、即時に実行できる具体的な実行技術が中国にも韓国にもあるのですから。

BDFの混和を20%まで、できるだけ早く規制緩和するべきと考えます。



           AdBlue®はドイツ自動車工業会(VDA)の登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用


クリックすると元のサイズで表示します

http://soramame.taiki.go.jp/DataMap.php?BlockID=06

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用

クリックすると元のサイズで表示します

 

クリックすると元のサイズで表示します




http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用


外出を控えなければならないほどの事態になった原因は、排ガスなどに含まれている「PM2.5」という、微粒子状の物質だった。

PM2.5の大きさは、髪の毛の太さと比べると、40分の1ほど。

東京都環境科学研究所の上野広行主任研究員は

「肺の奥まで入っていって、それが血管に入っていくと言われています」と語った。


そのため、ぜんそくや肺がんなどを発症させ、死亡リスクが高まるといわれている。

北京市では、大気中に含まれるPM2.5の値を公表しているが、14日まで5日連続で、6段階中、最も危険な「厳重汚染」の状態が続いていた。

中国中央テレビは「PM2.5の値は、いずれも700を超え、(北京市)通州区では900を記録しました」と伝えた。

この週末、北京市東部では、900という値を記録した。

これは、WHO(世界保健機関)の基準の36倍に相当する。

なお、15日の東京都のPM2.5の値を示した地図を見ると、その値は15μg/立方メートルほどだった。

東京都環境科学研究所の上野主任研究員は「(PM2.5の値は)東京は日平均値で、高いときで60とか80ですね。

冬の場合は気温が下がって、(空気が)重くなる。空気が上に動かなくなる、滞留するということで、大気汚染物質の濃度も高くなる」と語った。

深刻さを増す、中国の大気汚染。

北京大学によると、PM2.5が原因の死者は、

2012年に、北京・上海など4都市で、年間8,000人にのぼったとしている。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00238675.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

化学知識が豊富である人ほど、深刻さが理解できると思います。

ジェット旅客機を飛行船には交代できないだろうけれど、

船舶や自動車や工場の排気ガスから黒煙を減らし、

ススや有害物質 を減少させるのは早期に可能だと思います。


健康問題や、環境問題としてバイオディーゼルに真剣に取り組む方々を求めます。

補助金や助成金をアテにするのでなく、

補助金や助成金が欲しいから環境問題に取り組むのではなく、

真剣に、深刻な課題として正面から取り組みましょう。


できることから、確実に改善する技術を新燃料研究所は提供できます。

ホンモノの環境適合型技術を提供できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

黒煙チャート紙

クリックすると元のサイズで表示します

国土交通省 ディーゼル黒煙 PM

2005年11月25日

http://green.ap.teacup.com/biofuel/479.html


新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ