左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2013/5/15

BDF密度 0.8785  BDF品質評価
バイオディーゼル酸化防止剤は濃縮液として発送しています。

たぶん、このような濃縮液での提供は日本では新燃料研究所だけだと思います。

BDFを送っていただき、幾つかの品質検査を行います。

この品質検査は新燃料研究所の判断で行うものであり、検査費用はいただいていません。

特別な問題が無いのなら、何も結果報告はしません。

何かの問題を感じたならば追加検査を行います。

BDF品質を無視しての一律投薬はしません。



バイノックスは評価実験でのみ使用経験があります。実用での使用はしていません。

化学構造が同じで商品名が異なる薬剤も、評価実験でのみ使用実績あるだけです。

新燃料研究所はバイノックスを採用した過去はありません。予定もありません。


安いから、と選択される生産所があるという事例は知っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     2012/9/21  酸化防止剤 バイノックス

     http://green.ap.teacup.com/biofuel/3620.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

患者さんを診てから薬剤の種類や量を選択するのが、普通の医者であるように、

BDF品質に応じて、何もかもが 現実 から、起点となるべきと考えます。


薬剤提供側の技術知識・化学知識・労力が必要なので、類似例は無いと思います。

アルカリ量の一律投入と、酸化防止剤の一律投入は 無知で無恥だからできることです。

少しでも化学知識あれば、そんな乱暴なことはできるものでは無い。

臆病だと、考えすぎと非難されても、新燃料研究所は繊細で慎重なのです。

現実に適した、調薬が実行されるべきと考えてきており、実践してきています。


誰よりも 自分自身に対して誠実でありたいと考えています。


クリックすると元のサイズで表示します



JIS規格の測定器なので、細かい数値で判定できます。


クリックすると元のサイズで表示します


密度は国際規格で採用されている品質確認項目です。

好き勝手な 簡易検査 ではありません。

簡単な検査ではあるけれど、正式な検査項目です。

クリックすると元のサイズで表示します


密度 0.8785   液温 24℃

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   2012/7/30   BDF 密度 比重

   http://green.ap.teacup.com/biofuel/3570.html



新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ