左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2013/12/23

BDF屋内燃焼 暖房  BDF使用報告
バイオディーゼルを暖房用に使用するのは浪費であり、品質不良の場合に指向されます。

自動車燃料として不適な品質ならば暖房用途としても不向きです。

BDFを暖房用途として利用するのは、品質検査済みの検体を焼却処理する場合のみです。

クリックすると元のサイズで表示します


BDFを屋内での連続燃焼実験する場合には注意すべき項目が幾つかあります。


【 BDFを暖房用燃料として、安全に実験する注意 】

1: 着火時には 2L未満とし、できれば 1000ml 未満がのぞましい。

2: 追加・補充は経験を充分に積んでからにすべきで、1000ml未満を100分後にする。

3: 燃焼した液体が流れる危険に対処できる予防措置を準備すること。


クリックすると元のサイズで表示します


調理済み油、廃食用油を暖房燃料として利用する事例もあるそうだけれど、

実際には大きな問題がでてきます。

BDFは燃えにくい植物油のままでは無いけれど、、白灯油のように便利ではありません。

1分子に含まれる炭素の数量は、白灯油に比較して多いので燃焼の扱いは困難となります。



燃焼実験は 100回や200回程度では初心者だと強く自覚して下さい。

屋内に持ち込んでの連続実験は何種類もの燃焼方式での経験が必要です。

BDFの燃焼に関する特性を把握するには 100回や200回程度では困難です。


化学の実験として、100回程度では 決して十分な経験とは言えないと考えています。

慎重ならば、いつか成功にたどりつけるのだろうと考えて安全優先で実験しましょう。


BDFを暖房燃料にするのが面倒ならば、化石燃料を使えば済みます。

BDFの特性理解と、品質検査後の検体処理の話題です。


比重・密度検査や冷却検査を行ったBDF検体を燃焼させてみれば、

想定より困難なのが発見できます。燃えても、使いこなしは非常に困難です。


技術指導をさせていただきます。

一歩すすんだ技術を習得しませんか?



新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ