左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2014/3/10

パワフルなBDF探求  バイオディーゼル Q&A
BDF情報の基礎情報公開データーベースとして、公開研究日誌を利用できます。

バイオディーゼル情報を無料で調べていただけます。

BDFの最新で詳細な情報や、雑多な知識の整理として活用していただけます。

久しぶりにパワフルな利用者が登場されたようです。

クリックすると元のサイズで表示します


新燃料研究所の利用しているウェブサイトと解析ツールは初歩的な部類です。

詳しいことを解析するのは不可能です。

過去の問い合わせから、夕方や夜間のアクセスは大学生が多いようです。

昼休みのアクセスは車関係の タマタマ寄り道アクセス が多いようです。

官公庁からのアクセスは制限されている場合が多く、特に市町村の場合において

ウェブログ形式へのアクセスできない、アクセス制限の事例が多くあります。

最寄りの市町村の知人に尋ねていただければ そうなんだ と理解できます。


     ホームページへのアクセス制限はウェブログよりは少ないようです。

     アップする側に、それなりの労力が必要であるからのようです。

     ウェブログへの信頼度が低いということだと理解しています。

     実際のところ、そういう傾向にあるのが現実だと思います。



早朝や深夜は時差から、海外からのアクセスが多いようです。


アクセスのキーワードで多いのは 油のpH 

原料のピーエイチを測定するのは不可能だという理解周辺で悩んでいる人が多いようです。

コモンレール車の故障もアクセスキーワードとして多いと感じています。

公開研究日誌を全て読破したという方は過去に幾人もおられます。

プリントアウトしたら膨大になったと笑って話される方もおられました。


とりあえず、燃料フィルターのクリーンカット診断を申し込んで下さい。

技術指導では、燃費向上やパワフル向上などの成果を短期間でだしてきています。


BDF生産の廃業や撤退が増えているなかで、生き残れば原料回収が増えます。

BDF品質向上は必ずできるものです。


自動車の排気ガスが てんぷらくさければ BDF品質不良です。

冬季に、マイナス5度  -5℃ 程度以下でも

良質なBDFならば、低温対策剤の使用で100%で利用できます。


最新式のコモンレール車にも100%高濃度での使用実績が数年あるのが新燃料研究所系。

BDF常識とは、 あなたが作るものなんですよ。




新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ