左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2014/3/25

ドイツのバイオディーゼル  ヨーロッパのBDF情報
ドイツのバイオディーゼル輸出が増えているようです。

20%も増えているそうです。

アルゼンチン インドネシア などのバイオディーゼル増産は非常に大きいようです。

数年前の話題の中心であったのは ブラジル カナダ US のバイオディーゼルでした。

関税や優遇税制など、いろんな条件が作用しているようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 引用 】

クリックすると元のサイズで表示します


Export record for biodiesel
Germany's biodiesel industry well positioned in international competition


http://www.ufop.de/english/news/export-record-for-biodiesel/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




ドイツのバイオディーゼル 製品の色に注目してみましょう。

     動画です。

     http://www.ufop.de/medien/videos/english/


【 新燃料研究所の指摘 】

上記の動画では、以前に見たバイオディーゼルよりも淡い色に見えます。

6:40 前後のバイオディーゼルに注目しましょう。


     画面の下 白い○をクリックして 6分40秒 に移動できます。

     YOUTUBE ユーチューブ は有名な無料の動画サイトです。



しっかり色素が残っているので耐酸素という、酸化防止機能があるのだと判断します。

蒸留すれば無色透明であるはずです。

吸着材を使用した場合にも色素はかなり少なく、退色して透明になります。

アルカリ残留除去や浮遊グリセリンの除去を行う吸着剤には多孔性物質が使用されます。


   吸着材は抗酸化防止成分も吸着するからです。

   色がほとんど変化しない吸着材は使用量が少ない場合や、

   吸着機能が小さい場合に多い。



天然由来の抗酸化物質は微量であり、単独では機能として弱いそうです。

人為的に添加する少量の化学薬品との相互作用で大きな効果を生むそうです。


この相互作用は古くから知られており、油脂の基本知識として書籍にも記述されています。




新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ