左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2014/4/23

温暖化と野生動物  狩猟
炭酸ガスの排出が増えることで、地球規模での気候が温暖化しているそうです。

実生活において、都会では気候温暖化を感じることは少ないと思います。


近年、伝統的狩猟方法が規制された結果として野生動物が増えているように感じます。

各地で狩猟者人口が減少しているものの、近年の野生動物による農林業被害は人為的な

狩猟行政の判断過誤の結果としての増加であろうかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します


画像は2014年4月 有害駆除 いのしし オス

滋賀県甲賀市水口町  撮影 狩研究会

http://newfuel1.com/kariken/kariken.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引用


有害鳥獣年度別捕獲実績

http://www.city.koka.lg.jp/item/9430.htm#ContentPane



有害鳥獣捕獲実績地域別状況表 平成25  水口 土山 甲賀 甲南 信楽

http://www.city.koka.lg.jp/secure/9430/h2602yuugaijyoukyou.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年度は甲賀市全域での有害駆除が実施されるほどになりました。

     平成26年3月16日から平成26年11月14日まで

     甲賀市内一円

     シカ1,200頭・イノシシ500頭

     http://www.city.koka.lg.jp/item/5200.htm#ContentPane



保護区や銃猟禁止地区でさえ、実質的には通年捕獲ということです。


梅雨の時季に雨が少ないと、生存率が高くなり成育する幼獣が増えるそうです。

冬季の積雪が少ないと、春を迎える個体数が多くなるそうです。



あれこれ、いろんな異見や解説があろうけれど

大きなイノシシの個体が増えているように感じます。

もっとも、40年か50年前の状態に戻っているだけと考えることもできるようです。



新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ