左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2015/2/10

水酸化カリウム アルカリ  BDF 特許 製造技法
バイオディーゼル製造における触媒の不純物に関する資料です。

水酸化カリウム 水酸化ナトリウム それぞれの純度に関する資料です。

BDF関係者には触媒に関する誤解が広く、大きな誤解が深くある場合があります。


アルカリのピュアティー

クリックすると元のサイズで表示します


アルカリに関する知識を確認してみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


BDF製造のアルカリ

 バイオディーゼル燃料を作るのは誰にでもできて、作り方は簡単だから、と誤解が多い。

 劣化して、酸価の高い油でもアルカリ増量で対応できると誤解する人が多い。


 酸-塩基反応で中和塩ができて、中和水が生成することを知らない人が多い。

 触媒が遊離脂肪酸で失われることだけを主張してしまい、

 生成水で触媒が失活するという基礎を知らない人が多い。

 http://newfuel1.com/biofuel/nacl.htm

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

流し読みでさえ、あなたに誤解があるのが直感できると思います。

新燃料研究所系には、

水酸化カリウム 水酸化ナトリウム どちらの使用も量産BDF製造所として実績あります。


購入量によっては、どちらでも大差ない場合もあるようです。

パールでもフレークでも、購入先によっては、どちらでも大差ない場合もあるようです。


水酸化カリウム 水酸化ナトリウム どちらが適しているのか?

それは事情に応じて異なります。


   一例として具体的には、

   アンダーピッチの処理において、シャバシャバならば取り扱いが危険である。

   そんな場合もあります。

   グリセリン含有層の残留アルカリは強烈です。

   新燃料研究所系でないならば、pH測定技術も怪しい場合も多いことでしょう。

   実は、いかほどのピーエイチなのか? 数値を把握しているのは少ないようです。

      多くのBDF製造所では測定器の測定範囲外となっている場合があります。

      猛烈な数値なのを知らないのは、BDF装置販売メーカーにさえあるようです。


   無知は危険に直結します。

   無知はBDF品質不良の原因になっています。


新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ