左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2015/7/16

BDFほど未知への自覚が必要な分野は珍しいと感じています。

知らないことは何の責任もなく、知るべき責任もありません。

バイオディーゼルを製造するとき、手順書に従って業務を実施すべきです。

独自な工夫は火災や品質不良になる危険があって、個性の発揮は迷惑です。


新燃料研究所系においては、指示に従うこと 観察 試行 が当然としています。

指示違反となるかどうか、基礎知識があるのが新燃料研究所系だから試行は当然です。

深刻な自動車故障を発生させることがないほど基礎知識や基本技能が期待できます。



事前の相談なく試行される場合も多くあります。

新燃料研究所系は、かなり現場での 好き勝手 ができます。

基礎ができているからです。



バカ アホ うそつき インチキ は新燃料研究所系には 存在していません。

どんな疑問でも、非常に深い意味がある命題であると理解できた集団です。


具体的には、

UDP グリセリン含有層の生成量 体積 はいかほどなのか?


具体的には、

アルカリ触媒の種類と重量はいかほどなのか?


新燃料研究所系ではアルカリ触媒を潮解で カタマリ にする事は無い対策があります。

肝心なのは、たとえ オコシ のように連結したアルカリでも 触媒 として使用します。

新燃料研究所系では、 水 水分は何の問題もなく BDF品質に悪い影響を与えません。


水分 みず は こわくない そんな科学技術水準までの知識とノウハウがあります。


   問題にするところが 異なります。

   問題を 問題としないノウハウがあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467
   
      新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ