左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2015/8/27

BDF製造に必要な薬品  化学構造や反応
バイオディーゼルを作るのに必要な薬品を紹介します。

アクセス解析したら、キーワードに BDF生産に使用な薬剤 とありました。

非常に珍しい検索語です。

このような、スナオなストレートが好きです。


1: 原料として植物油が必要です。料理油は搾油した場合よりも純度が良く好適です。

2: 植物油を低分子化するのが最優先なので、原料と触媒とアルコールが必要です。

3: 原料は、菜種系を推薦です。食用でなくても可能ですけれど、調理油が最適。

4: 触媒は、入手しやすさ、無毒化のしやすさ、除去のしやすさから アルカリ触媒。

5: 触媒は e軌道が遠い KOH が好まれるけれど、NaOHが好適事例もある。

6: アルコールは、安全性や入手のしやすさ、安価などからメタノールが標準です。

7: 低分子化しなくても、流動性を獲得するには温度をあげれば分子活動が活発化。

8: 直接にエステル交換に関与する薬剤は上記です。

9: エステル化の場合は、硫酸が最適だと思います。触媒毒である水分子の吸収です。

10: エステル交換と、エステル化の区別ができないとダマサレます。

11: エステル交換の触媒は、NaOH KOH が最適だと新燃料研究所は一貫しています。

12: エステル化の薬剤は、硫酸が最適だと新燃料研究所は実験結果の体験です。


    新燃料研究所は、上記を過去から継続して変更なくして公開しています。

    何も ぶれていなく 変更 もありません。



    来訪者には 全て、現物を見せて 実際の再現操作をしていただいています。

    その操作や、その原理文献も新燃料研究所系の関係者には開示しています。



    判定試薬の代替は現地調達で、地元ホームセンターに同伴で購入します。

    特定商品を指定できます。


    基本測定機器は メーカー型番明示しています。


    必要な測定機器があります。 各自で納得できた範囲で、各自購入です。

    新燃料研究所系には、現地で購入できる明示しています。

    この素材は好適だとか、各製造所の規模や予算に応じて現地指導しています。


      今はこれがふさわしいけれど、次はこれですよ・・・ とか。

      現地のホームセンターでの調達は重要です。


   必要な薬剤は、判定試薬 精製向上薬品 生成後の鮮度維持薬品 環境適合薬品

   このような分類で考えればスッキリします。

   
   どれでも、多種 提供しています。

   顧客指名薬剤を販売した経験は全くないけれど、御希望は可能だと思います。
   
   CAS番号が判明しているならば、直接に購入されたら安くなります。

   新燃料研究所も、全ての薬剤は国際番号で明示して購入しています。

   CASわかっているならば、各自が購入してください。


   混合、ブレンド 調薬して提供しているのが新燃料研究所です。

   どんな薬剤でも、どこよりも使い方指導できると思います。

   化学薬品や、科学系の有資格者です。



   作るだけならば、安く簡単に短時間で大量生産できます。

     高品質検査に合格したいのならば、サンプリング深さ 位置 で可能です。

  検査数値にまどわされてはいけません。

   

   極端な気候条件での自動車燃料の競争に勝利したいのならば高価だけれど可能です。

   日本の標準気候や、やや厳しい条件でも通用する技術指導と薬品提供しています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      公害防止管理者 水質 第1種
      毒物・劇物取扱者 京都 第21-13号


      携帯電話 090-4648-9467


新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ