左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2016/2/3

植物油は劣化して、有害な物質に変化します。

そもそも、どんな物質でも化学的な変化をする条件があります。

反応が急激にすすむ場合もあるし、ほとんど変化しない人工的な投与があります。


アクロレインやアルデヒドを検索してみれば、

血管関連の病気や、肺疾患などの危険が理解できます。


バイオディーゼル関係者の職業病として、何が危険でいかに防御できるかのか。

どんな職業にも肉体的な健康被害の危険性が特に高いという条件があります。



アルカリ アルコール 副産物 変質物 、理解と予防が必要です。

明確に物質を特定してこそ予防できます。



エステル吸着による燃費向上や、作動振動低減が実感できないと くさい匂い。

くさくて、刺激臭の強いのは品質不良です。


色素は抗酸化物質なので、透明では有毒ガス変質への化学変化が心配で当然です。

インチキ うそつき 勉強すれば判別できます。



新燃料研究所


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ