左下に 検索窓 があります。関連記事をまとめて読めます。 □このブログを検索 〆して下さい。

2016/3/26

残れなかった原因 酸価  化学構造や反応
日本のバイオディーゼル製造所は2004年以降、最大で1200前後あったようです。

かなりの調査葉書を送付して、かなりの追跡調査をした結果として実質製造は300未満。

詳しい事情はわかりません。



多くの製造所は、常温での判定紙で劣化程度を知れると誤解したようです。

国際的であり、有名企業の判定紙は精度が良いのに常温でないという理由で嫌われ。


   好都合とか、便利とか、 その選択は精度とは無関係なのに・・・・・


滴定が精確と、言ってみたところで その色が終点ちゃう!!

さらに、基本アルカリ量が それでない。



新燃料研究所系は生き残っています。

いつまでも、技術支援できます。

我が家の子どもにブレンド技法や、混和薬剤の入手や練りこみ熟成など教えています。


くすり、それは必須な添加剤であるも 元  基油 ベースオイルが全てです。


新燃料研究所系は、どこにもまけない最高品質を提供継続できます。

疑問あれば現物で勝負できます。



酸価でトラブルのが、ガム質でトラブル原因の5番以内です。


新燃料研究所



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ