buzenの蘭日記

プロフィール
福岡県豊前市在住、60歳を過ぎました、還暦もすぎ、寒蘭エビネ歴30年、春蘭(ジジババ)も少し栽培、20数年前地元で自生の寒蘭を見つけました。毎年数本ショウガ根から小苗が芽を出します。現在そのつぼの回りに寒蘭の種を播いて発芽した苗を毎年採取しています。ボチボチ交配種の花が咲き始めています。

 

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:buzen
fockeさん、今晩は。
5ℓの噴霧器の薬液が大体なくなります、中かがみだと腰が痛くなるので椅子に座って切除しています、優先順位をつけて順位の低い株ほど後回しになります。この時がもっとも蘭を観察できるときなので楽しいときでもありますね。
投稿者:focke
こんばんは。
これだけ有ると葉裏までかけるのは、大変ですね。
わくらばを消毒前に切除したりで、腰が痛くなりそうです。
投稿者:buzen
寒蘭が大好きじゃけんさん、今晩は。
ホームページを新しくするということは大変な動力が伴います、それと同時にと寒蘭栽培の意欲が衰えていないことを強く感じました。私も見習わなければいけませんね。キノンドウとゲッターの組み合わせとは冒険?ですね。結果が楽しみでもあり少し不安ありですね。今年こそ展示会で入賞できるように気合を入れています(笑)びっくりするような新花が咲くと嬉しいですね。
投稿者:寒蘭が大好きじゃけん
buzenさん、こんばんは。
僕のHPに投稿いただきありがとうございました。

農薬散布は、僕も、土曜日にキノンドウ、ゲッターを混用しました。たんそ病、軟ぷ病予防です。キノンドウ、ゲッターの組み合わせは初めてですのでどうなるか?です。

お互いに新しい花を夢見て寒蘭界を盛り上げましょう。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ