buzenの蘭日記

プロフィール
福岡県豊前市在住、60歳を過ぎました、還暦もすぎ、寒蘭エビネ歴30年、春蘭(ジジババ)も少し栽培、20数年前地元で自生の寒蘭を見つけました。毎年数本ショウガ根から小苗が芽を出します。現在そのつぼの回りに寒蘭の種を播いて発芽した苗を毎年採取しています。ボチボチ交配種の花が咲き始めています。

 

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:buzen
fockeさん、今晩は。
交配ノートを見ると桃里×紅一文字となっています、そのため少し紅が強いのかもです。素芯同士をかけても舌に点が出たり、花軸が黒であったりで不思議です。優美は綺麗で好きな蘭です、去年と比べて花が一回り小さいようです。寒蘭を放っておくと何本暗い花芽が上がるか試してみました、今年は多い株で5本上がっています、ビニールハウスの中にいると蘭舎と違った楽しさがあります。
投稿者:focke
こんばんは。 葉姿が桃里のようですね。交配種で親を超える蘭の出現率は1000分の1くらいでしょうか。
優美は色がやさしく柔らかで良い蘭だと思います。
掲示板のビニールハウス内の寒蘭を見ると、寒蘭の里と呼ぶにふさわしい画像で、香りが伝わってくるようです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ