buzenの蘭日記

プロフィール
福岡県豊前市在住、65歳を過ぎました、30数年前地元で自生の寒蘭を見つけました。現在そのつぼの回りに寒蘭の種を播いて発芽した苗を毎年採取しています。交配種は良い花どうしを交配しましょう。駄花どうしを交配した種を撒いて芽が出ても同じような花しか咲きません、外れの宝くじを7年も保管しているのと同じですよ。

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:buzen
fockeさん、今晩は
普通に考えるとあり得ないのですが鉢に刺したラベルなくなっている時があるんです、数が少ないときは葉を見ただけで蘭の種類が解ったのですが多くなると解らなくなります。ボケが始まってます(笑)
氏神様は、神社名恵比須神社(エビスジンジャ)主祭神は八重事代主神(ヤエコトシロヌシノカミ)と(オオヤマズミノカミ)です。
投稿者:focke
こんばんは。蘭舎内で行方不明とは、すごいです。特徴のある花なので、咲いて品種が分かって良かったですね。
氏神様のゴーストが出た写真は神秘的ですね。氏神様の名称は何というのでしょう。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ