buzenの蘭日記

プロフィール
福岡県豊前市在住、65歳を過ぎました、30数年前地元で自生の寒蘭を見つけました。現在そのつぼの回りに寒蘭の種を播いて発芽した苗を毎年採取しています。交配種は良い花どうしを交配しましょう。駄花どうしを交配した種を撒いて芽が出ても同じような花しか咲きません、外れの宝くじを7年も保管しているのと同じですよ。

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:buzen
fockeさん、今晩は。根が悪くなると良くならず年々小さくなって最悪枯れてしまうこともあるので鉢から出して根が白いとほっとします。あと2年で花を見ることが出来たら嬉しいです、種を蒔いた場所で発芽していたのではないので交配親がわからないのが残念です。
投稿者:focke
皆さん、こんばんは。
根を白く作るのは、本当に難しいと思います。
これなら満点ですね。あと2年で花が見られそうな気がします。それと葉の垂れ具合もなかなかですね。
投稿者:buzen
寒蘭が大好きじゃけんさん、今晩は。
初花を早く見たいのですが焦り(多肥)は禁物だと言い聞かせています。水加減でしょうか?急に大鉢に植えると根が駄目になるのでなるべく小さい鉢から少しずつ大きくしていくようにしています。
投稿者:寒蘭が大好きじゃけん
3枚葉、4枚葉と成長すると早く初花を見たくなりますね。
白い根は、ばい菌がいない証拠、大鉢もそうなると良いのですが、ならないのがなんと言うのか蘭作りの難しいところです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ