dubdub雑記帳

テレビ,本などの感想を書いてます。ツイッターは,@GoDubDub。過去記事は,DUBDUB一覧表(http://superdubdub.web.fc2.com/)で。メールは,dub_zion@yahoo.co.jpまで。

 

過去ログ

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dubdub
ヨウジさん こんにちは
 安倍氏の場合,組閣を見ても,子ブッシュの時に似ていますね。世襲議員でもあるので,脇に任せる,ただし基本線はタカ路線という方針で進むのでしょうね。
 彼の場合は,強烈な意欲というものを感じないので,ほどほどに悪くなるという程度なんでしょうが,彼を代表する雰囲気が国に与える影響が心配です。
投稿者:ヨウジ
とても興味深く読ませて頂きました。美しい国をちらちらっと読んだだけでも、余りに国内、外交においても認識が甘すぎると思っていましたが、dubdubさんの文を読んで、安部ではアメリカのネオコンにとっては赤子の手をひねるようなものかもしれないと思いました。
そういえば、小泉は毎日2度テレビの取材を受けていたわけですが、彼は敏腕秘書の飯島+やはり天才的なカリスマ性があったのでしょうね。気づく人は気づくのですが、多くの国民が気づかず、いつのまにか国民がナショナリズム化してしまった事にこれからの脅威を感じてしまいます。すでにネオコンから離れ気味のCIA、ニューズウィークが反ブッシュの立場を取り始めたので状況がまた変わってくれば良いのですが・・・・。
なんにせよ、安部は政治家としても子供じみた偏狭的ナショナリストでしかないわけですし、国の将来が危ぶまれますね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ