イーグルスファンの独り言 NFL Philadelphia Eagles Fan blog

フィラデルフィア イーグルス 

 

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

チャット.

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:horikomi
Jordanはうち伝統の、STエースからシーズン途中にWLBのスターター昇格、1シーズンは良いものの次の年ダメで移籍するけど他所じゃあ全然ダメ。この伝統を見事に引き継いでくれそうな逸材だと思います。

Gocongに出番が来るのかが問題です、ニッケルでもGocong入れてブリッツ入れまくるのが見たいのですけれど、3-3-5にするにはDTが今調子良いし、4-2-5からブリッツだとBradleyの負担が大きいし・・・ベースの4-3が上手く回っているだけに3WRセットにどう対処するのかが難しくなりそうです。

お相撲さんは50プレイも持たないですね。小錦だったか武蔵丸だったかが、若手をスカウトしたいとアメリカンボウルに来てたコーチに言われて、10プレイしかスタミナ続かないから無理。こういう返事をしていたような記憶が有ります。

ARI-CARを見たのですが、ARIは訳がわからないチームになってます。ディフェンスで3-4と4-3を入れ替えてくるのはいつもの事なのですが、オフェンスもなんでも有りのごった煮状態で的を絞るのが難しくなりそうです。
今プレイするのが楽しくて仕方が無いでしょうし、相当に困難な相手ですよ。
投稿者:maknav
いつもコメントになってないコメントばかりですいません。昨日の試合はまさにnail-biterとよぶにふさわしい試合でした。シーズンの中ごろからこういう試合は落とすパターンが多かったので、最後までどきどきしまくりでしたが、いつの間にかこういう試合で勝てるようになってるんですよねぇ。

LBは左右もいいですねぇ。GocongとJordan。Gocongはとてもよかったですねぇ。(いまやリーグ屈指の)FBとOTなぎ倒してJacobs止めるとことか見ると、Air Guitar(CINにいましたよねぇ。懐かしかったです)の頃からは隔世の感があります。

ARIいやですねぇ。CARの方が、underdog statusを維持できるし、タイプも似てる(けど多分DはMINやNJGほど強くない)分やりやすいと思っていたんですが。慢心しないか心配です。DempsとConsidineがニッケルでよく出てくるのも不安材料です。

ところで、今日、客連れてレストランで食べてきたんですが、近くのレストランの前を通りかかったときにAndrewsと思われるでかい人とすれ違いました。きれいな女性とデートでした。上機嫌っぽく、軽やかにステップを踏みながら厚い手間した。そんだけ動けるなら練習しろよ、とか思いました。でも、日本で中央線とかでときどき見かけたお相撲さんほどでかくなかったような気がします。NJGファンの会社の同僚が、Sumo Wrestlersを7人並べてJacobsの前において、direct snapで3ヤードづつ進めば(4th downは全部行く)、TOP40分(5ドライブくらい)で勝てるといってましたが、そうかもなぁ、と酔った頭で考えてました。
投稿者:horikomi
パスを投げてこなかったのは、前回の対戦でJacobsが退場した後にパスを多用してパスラッシュに潰された記憶があったからでしょう。言うまでも無くリードして投げさせるのが勝ちパターンですし、10点差程度ならばランで積み上げる事を選んだのでしょう。私もその選択は正しいと思います、ただランディフェンスが予想以上に良かったのでしょう。

私は今でもNgataが取れていたらと思ったりしますよ(笑)ただ、今のBunkley,Patterson,Bradleyのセンターラインは本当に素晴らしいです。Jim Johnsonがユニットを成長させ続けたおかげでしょうね。

Akresが苦手のNYでFGを決めて、プロボウルに選ばれたJohn Carneyが2度外す、勝負と言うのはこういうものなのですけれどディフェンス勝負ではSTの働きが重要なのをプレイオフでは実感しています。

私はNFC最強はCARだと思っていました、ただここまでランディフェンスが良くなるとARIよりもCARの方が楽だった様に思えます。ランからパスへ意識の転換を上手くやってくれる事を期待します。
投稿者:Eallen
GAORAでリアルタイムに見てましたが、解説の河口さんが、イーライのパスにスパイラルがかかってないことを指摘していて、確かにボールが上ずり気味で、そんなに怖さは感じませんでした。Jacobsにある程度は走られても、連続の爆走はなかったし。4 down 1を2度止めたのが、勝利を引き寄せた要因でしょうが、カーニーが2度Field Goalを外すなど、NYGの自滅、リズムを作らせなかった、攻守全体のスキームが良かったのかな、と(出なかったランを捨てずに続けたことも含めて)。

NFCで最も手強いと思っていた相手が負けて、比較的「手が合う」相手が出てきてくれて、すっかりタンパへの道が見えてきました!(この油断が怖いですが)
投稿者:pappy
本当に胃の痛い試合でした。スコア的にはリードしている時間のほうが長かったのに
いつかやられそうな雰囲気が漂っていて……

前半の酷さであきらめてしまったのか、後半はあまりパスを投げてこなかったのが
助かりましたね。風も止んでましたし、ショート〜ミドルのパスを連投されていたらやられていた(あるいはもっと大差で勝っていた)かな、と。
うちの弱いところではなく、自分たちの強みで勝負しようとしたのでしょうかね。
逆にうちはランが出ないわりに、重要な1ヤード2ヤードは取れたのが救いでした。

Patterson,Bradley,そしてBunkleyの中3人には本当に感謝です。
BALの試合を見ていてNgataが獲れていたら良かったなぁ、と思っていた自分を反省しました。
彼こそがEagleです。
投稿者:horikomi
1回Jacobsが抜けそうになった時以外は大きいのもらう気配無かったですし、中央を押さえ切ったのはシーズン序盤と比べると格段の進歩ですね。
Bunkleyがここまで良くなるとは本当に思わなかったですよ、1年目の酷さが嘘のようです。

この試合生で見ていたら胃に穴が開きますね、本当に4thダウンギャンブルを良く止めてくれました。Jacobsで1ヤード取れないのは誤算だったでしょう(うちは慣れてますけど・・・)

オフェンスの殴り合いになれば負けないと思います。問題はここ2試合別のチームになってしまったようなディフェンスですね、ATL,CARがここまで止められるようなチームじゃなかったと思うのですけれどねえ・・・何が変わったのか分析しなおします。
投稿者:kurotan
ランは出ませんでしたが、粘り強いランのコールがパスを出すのに非常に効果的だったと思います。駄目な時は早々にランを諦めて、パス連発、そしてあっさり負けるでしたから、試合全体のバランスは良かったと思います。
しかしディフェンスは神でした・・・・いつの間にこんなにランディフェンスが強くなったんだろう?と思うここ二試合でした。

次のARIはパスディフェンスが試される試合ですが、じりじりと言うよりはらはらと言う試合になりそうです・・・・ARI O#vsPHI D#が鍵となると思いますので、スーパーに向けて頑張ってほしいです。
投稿者:yogi
JacobsやWardに10ヤード程度のランを何度か出されましたが、それ以外は2ヤード、3ヤード程度に抑えてくれました。DT特にBunkely良かったですねえ。4thダウンギャンブルの時など2回とも彼が効いていたと思います。

3QまではFGの蹴り合いという感じでリードが何度変わったでしょうか。私は逆に寝ようとしたものの寝付く事が出来ずに結局徹夜で見る状況になってしまいました。めちゃくちゃ疲労感がありましたが、あともう一踏ん張り頑張って欲しいですね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ